COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > セミナー

セミナー Archive

内臓コンディショニングとピラティスで綺麗にカラダ作り

こんにちは。トレーナー東野です。

「内臓コンディショニングとピラティス」のセミナーを開催しました。

FullSizrgeRender

カラダに起こる様々な不調や変化の要因を身体の内側のメカニズムから理解をしていくことは、
改善したい症状の根本的な原因にアプローチして身体づくりを見直していくことにつながります。

自分が理想とする健康で綺麗なカラダづくりに着実に近づくことが可能です。

例えば筋力を上げたいと思ってトレーニングをしてもなかなか効果が出ないのは、
運動の方法自体が問題ではなく内臓機能に問題がある場合もあります。

内科的機能が正常に働くには大きく分類して下記の8つの機能が
バランスよく働く必要があります。

<神経系>
脳からの指令を全身に伝達します。主に体を無意識の中で調整をしてくれている自律神経が
バランスよく作用していることが健康な体づくりのなかで最も重要なポイントのひとつです。

<循環器系>
全身に酸素や栄養分、体液などをめぐらせていくことで体はしっかりと機能します。
循環器系を高めるためには筋力向上が効果的といわれています。

<呼吸器系>
活動するために必要なエネルギーを生み出すためには呼吸による酸素や二酸化炭素などの吸入が必須です。
外から空気を吸い込む「外呼吸」だけではなく、取り込んだ空気を体内に取り入れる「内呼吸」がカギとなります。

<消化器系>
体内に摂取した栄養分などを、体に必要な栄養素として分解・吸収していくことで体は構成されます。
摂取する食べ物をバランスよくすることよりも前に、摂取した食べ物をキチンと消化できる体が
なければ食事をしても無意味になります。

<泌尿生殖器系>
生理的機能により体の中にある不要なものを輩出し、体の循環や吸収力を高めることで常に体をフレッシュな
状態をキープします。また生殖機能はホルモンバランスに大きく関わるため、ケアをしてあげることが重要です。

<内分泌系>
ホルモンの分泌により生理的機能はスムーズに行われていきます。近年は環境ホルモンが人体に与える
悪影響が問題になっており、ホルモンバランスに対する関心は高まる傾向にあります。
内分泌系の知識を知っておくことは今後の体のケアにとても重要です。精神的な部分にも大きく関与します。

<血液系>
栄養分の運搬係としての機能が高く、全身を巡っていきます。体温調整などにも大きく貢献しています。
また免疫系としての機能も高くウィルスなどの撃退に大きく関与します。

<感覚器>
味覚や視覚、皮膚感覚など、外的要因に対して瞬時に対応できるよう体の最初の砦としての役割や、
吹き出物や口内炎など体の中で起きている状況が一番最に現れる場所でもあります。

体の内機能はこれらのものが関係しあっているため、
体に起こしたい変化がうまく表れない場合はこのうちのどれかがうまく機能していない可能性が高いと思われます。

そしてこれらの機能を整えているのが自律神経。
自律神経の働きを正常にすることで下記の4つの機能が働くことも重要な要素となります。

体に起こしたい変化がうまく表れない場合はこのうちのどれかがうまく機能していない可能性が
高いと思われます。

CCI20170923 - コピー

自律神経の機能は「姿勢」と関係している為、ピラティスで姿勢を良くすることが
内臓機能を高めていくことにも大切です。また、メンタル面からも大きく影響を受けるため、ストレスケアなども必須となります。


カラダの一部分を見るのではなく全体を大きなシステムとして捉え、
コンディショニングしていくことで心地よい綺麗な身体づくりへの近道となります。


img_1488


自分の身体を内臓からマネジメントして、ピラティス効果を最大限に引き出していきたいですね。



ピラティススタジオ カラーズ大阪


ピラティスマスター Elizabeth Larkami氏のピラティスを学んできました

こんにちは。トレーナー村上です。

東京で開催されたエリザベスラーカム氏のピラティスエデュケーションコースに
カラーズのトレーナー3名が2 日間参加させていただきました。

Elizabeth Larkam氏は 世界的にボディワークのイノベーターとして認められているピラティスマスターであり、
「Gold Certified PMA teacher」 「バランスドボディ マスターティーチャー・プログラムディレクター」として
ピラティスの指導をされています。

ファーストジェネレーションRon Fletcher, Eve Gentry, Carola Trier, Romana Kryzanowska, Bruce Kingから学びスタンフォード大学・サンフランシスコ大学・Saint Francis Memorial Hospitalなどで 35年以上の ピラティス指導の経験をとおして作り出してきたエリザベスラーキンスタイルのメソッドを学んできました。

FullSizeRefnder

ラーカム先生はアメリカのピラティス界でマスターとして知られている方でジョセフピラティス氏が
行っていた体を強くするピラティスを病院でのリハビリテーションとして進化させた功績人でもあります。

今回の来日は2 回目ともありラーカム先生も少しリラックスモードでした。

1 日目はラーカム先生が開発者の一人として作られたツールである
「ピラティスディスク」のムーブメントからスタート。

_MG_1702

 

固有受容器や筋膜連鎖を多用したムーブメントは
神経系の強化とコントロールをメインターゲットとしながら、効率的に体の連動性をつくっていきます。
バランス力や自分自身に集中して 繋げていくワークが多く脳が大変疲れますが身体の変化は大きく、
身長が5センチ伸びたような感じになりました。

二日目は筋膜とピラティスとの繋がりを重視したムーブメントが中心の講義!

FullSizeRender

FullSigzeRender

エリザベス ラーカム氏がいつもおっしゃることは、

「初めての動きをする時に、どう意識するかを明確にすること」が重要であること!
それによって、今後の質がまったくかわり、効果が高まるということ。

そして、アドバンス(運動経験者向けやよりレベルを上げる) = 強度を上げる ではない

いままで体験したことがないことを体に体験させることもアドバンスになる
新しい刺激を入れることで人間の身体は良い方向へ生まれ変わると重要性をお話しされていました。

_MG_1812

FullSizeRetrnder

筋膜理論が一般化する何十年前から筋膜に着目して研究・実践し続けているラーカム先生のムーブメントは
とても効果的で理論の上にしっかりと構築されたメソッドを実践することができました。

_MG_2577

_MG_2236

2日間18時間のコースでしたが、疲れるどころか体がとてもスッキリして、心地よい身体の居場所を確保したような爽快感がとても感動的でした。

体を細部まで自分のものとしてしっかりとケアしてメンテナンスできるように
レッスンの中でもお伝えしていきます。

ピラティススタジオ カラーズ大阪


ピラティス と 女性ホルモン

こんにちは。トレーナーの矢羽田です。

「内臓」やホ「ホルモン」と普段からうまく付き合っていく方法をしって元気な身体を目指しませんか?

その方法を知ることができる土屋未来先生のとてもわかりやすい「カラダ」の講座の開催が決定いたしました!

img_8647

 

今回はこの2テーマを学んでいきます。

本などには載っていない臨床データなどの最新情報を聞ける数少ない機会です。

①「女性ホルモン」
女性は生涯のなかでホルモンバランスを常に変化させており心身へ多大な影響を与えています。
この影響の原因を年齢別に分けて考察していきます。個々の身体の特徴や体質の違いなども
明確にし対策を導き出すヒントになります。
出産や更年期などで起こる体の変化に応できる知識を内科学の観点から学びます。
男性の更年期などにも触れ情報を整理していきます。

②「内臓ケア」」セミナー
内臓機能は健康に大きく関わっているものです。内臓機能の仕組みの基礎から機能まで
を学びます。食事との関係性や影響などにも触れ、食品添加物や加工品などの摂取やサプリメントなど、
内臓をケアする方法を運動と食事面から見直していきます。
どのように「良いコンディションを維持」していくのかも学んでいきます。

o0300022513738795438

日    時: 2016年 10月30日(日)14:30-18:00

受講料: 12,960円

対    象: 両講座とも一般の方からトレーナー・インストラクターまで ご受講いただけます。

講    師: 土屋未来(つちやみき)

筑波大学大学院 (スポーツ医学研究室 修士号)
スポーツ医学を専門とし、運動処方や健康アドバイスを行っている。
特に、女性の自律神経・ホルモンと運動、メンタルヘルスを専門としている。

お申込、お問い合わせはスタジオまでお願いします。

ピラティススタジオ カラーズ大阪
info@studio-colors.com   06-4964-0735

 


「 姿勢分析 」と「動的評価」を学ぶ

こんにちは。トレーナー木原です。

「姿勢分析と動的評価を学ぶセミナー」を開催致しました。

IMG_8370

なぜ分析・評価が必要なのか? クライアントの求める目的に沿い結果を出すため。
そのためにも何が身体に起こっているのか姿勢分析と動作の評価をする中で情報をつなぎ合わせていき、
どこがどうなっているのかを紐解き、より効果的なムーブメントを行う方法を実践を踏まえながら解説。

動作の上で大きく関わる「神経」「筋」「骨格」をベースに神経が動作の中でどの筋肉を優位に使うか?
どんな筋の形状をしているのか?弾力性はあるのか?どんな形状をしているのか?
骨格を形成している骨は最適な位置で安定しているのか?ずれることで周りの組織にどんな影響を
及ぼしているのか?
各々の身体の状態を実際に評価しながら修正法を学んでいきました。

姿勢を評価する際は土台となる足から評価を行いました。
・足(フット)の形状

・下肢・骨盤周りのアライメント

・肩甲骨・股関節の可動域

・背骨の屈曲・伸展・回旋

・立位での安定性

そこから神経系・筋系・骨格系を評価し原因を探して行き、ピラティスムーブメントをベースに修正を行いました。
過去の運動経験や現在の生活習慣が身体に大きく影響し、身体の姿勢や動作の癖として現れます。
その癖を単にリリースで解消しようとすると時間が経つと元の癖に戻りやすくなりますが、
ピラティスはムーブメント(動き)で 修正するため新たな使い方の癖を体に覚えさせることができます。

癖は無意識の中で作られたもののため、意識的に動かすことは始めは難しいですが解剖学に
基づいて作られているピラティスの ムーブメントはポジションや順番などを工夫することで、
意識を芽生えさせることができます。

みなさんの身体もどんどん変化を体感していただきました!

IMG_8369

見る力と治す方法を同時に学び、4時間では収まりきらない程の中身が詰まったセミナーでした。
ピラティスの持つ可能性も更に感じていただけたのではないでしょうか?

次回は10月に身体の内側から学ぶセミナーを開催予定です!

詳細は近日発表となりますので、お楽しみに!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


「ピラティスムーブメントを見る力-姿勢分析・動的評価-」セミナー

こんにちは。
トレーナー村上です。

「ピラティスムーブメントを見る力 -姿勢分析・動的評価-」セミナー 

を8月に開催いたします。

レッスンを組み立てる時、何を考えますか?

ピラティスのレッスンからたいへん多くの情報を引き出し得ることができます。

評価(アセスメント)がしっかりできるとピラティスのクオリティは飛躍的に向上し、
目的とする効果へ最短で近づきます。

今回はピラティスのムーブメントをベースに動的評価を行う上でのポイント明確にし、
修正のエクササイズに繋げていくテクニックを実技中心で学んで頂きます。

o0800060013690080776

日  時 2016年 8月 28日(日)14:30-18:30

対  象 すべての方(ピラティス経験は問いません)

講  師 菅原順二マスタートレーナー

受講料 12,960円(税込み)

お申込み・お問い合わせはスタジオまで
06-4964-0735 info@studio-colors.com

ピラティススタジオ カラーズ大阪

 


思考や感情の状態が身体に現れる!

こんにちは。トレーナーの矢羽田です。

クレニオセイクラル講師であり日本ポラリティセラピーサポート協会代表である早志享子
氏をお招きし「頸部・腹部のリリーステクニックを学ぶ」セミナーを週末に開催いたしました。
今回は指圧マッサージのようなリリーステクニックではなく、クレニオセイクラル・ポラリティセラピーと
いう身体の エネルギーを整えていくワークを中心にすすんでいきました。

身体のエネルギーというと・・・「スピリチュアル??」と距離を感じてしまう方もいるかもしれませんが、

心と身体の中心軸を整え、陰陽のバランスを図り 生命電磁力の流れを活性する健康セラピーです。

ちなみに【 ポラリティ=極 】の語源は身体における生命磁力のバランスを
図るという意味から来ています。

o0800059913667094409

この身体の「プラス」と「マイナス」のエネルギーのバランスがしっかり流れているといいのですが、
怪我をしている場所や、 身体に負荷の かかっている場所は流れが悪い状態になってしまっています。
身体の硬直は常に身体が緊張している状態。

何もしていないのに、なんでかしんどい・・・のはそのせい。

そして、とても興味深かったのが感情と身体はつながっているということ。
会社や家族や学校などで自分の感情や思考を自分の中から出すことが出来ないと腹が立たないように感情が
飛び出していかないように、 横隔膜を固く締め付けていきます。

横隔膜を締め付けていくことで、猫背になり内臓を圧迫、
常に呼吸が浅い状態になるので、疲れやすくなり、肩こり・腰痛の原因にもなります。

横隔膜のリリーステクニックも学びましたが、緩めるために自分で簡単にできることは、
大笑いすることだそうです。
o0480035913667094483

このポラリティのエネルギーの流れを整えるという考え方から「手技でのリリース」を学んでいきました。
エネルギーの流れが整い、前日から突然痛くなった肩・腰がスッキリ。

内臓の動きが良くなりお通じがよい状態になりました。
ピラティスも、このように身体の不調を取り除くのにたいへん役立つボディワークであり、
身体の内側からの原因の改善にも効果的です。

今回のセミナーは4時間もあったにも関わらず、ご参加いただいたみなさん、エネルギーが整ったようで
顔色が良くなり 目もパッチリ!!

ピラティススタジオ カラーズ大阪

 


Elizabeth Larkam ピラティスエデュケーションコース

こんにちは。
トレーナー矢羽田です。

サンフランシスコからピラティスマスター エリザベスラーカム先生を
お招きしピラティスエデュケーションコースを開催いたします!

「エリザベスラーカム ピラティスエデュケーションコース」

Elizabeth Larkam /エリザベス ラーカム

eLarkam_headShots_002 maxresdefault

◇ Gold Certified PMA teacher
◇ バランスドボディ マスターティーチャー・プログラムディレクター
◇ ポールスターピラティス共同設立者

世界的にボディワークのイノベーターとして認められているピラティスマスターElizabeth Larkamが来日し
16時間のコースを 開催いたします。

ファーストジェネレーションRon Fletcher, Eve Gentry, Carola Trier, Romana Kryzanowska, Bruce Kingから
学び スタンフォード大学・サンフランシスコ大学・Saint Francis Memorial Hospitalなどで 35年以上の
ピラティス指導の経験を とおして作り出してきたエリザベスラーキンスタイルのメソッドを学べる機会となります。

エリザベススタイル ムーブメントコンセプトから始まり・プレピラティス・プログラミング、ディスク・
リングを使った ムーブメントの説明(マットピラティス)。
リフォーマー・チェア・スパインコレクターを使ったプログラム。

【日  時】 2016年 10月 6日/ 7日 9:30-18:30 合計 16時間

【受 講料】 140,000円+税

お問い合せ・ご予約| info@studio-colors.com| 06-4964-0735

ピラティススタジオ カラーズ


「 頸部・腹部のリリーステクニックを学ぶ 」セミナー

こんにちは。
トレーナー岸本です。

首の不調や・お腹の張りについての質問を最近多くいただいてます。
この症状を改善していく方法についてのセミナーを開催いたします。

「頸部・腹部のリリーステクニックを学ぶ」セミナー

講師:早志享子 日本ポラリティセラピーサポート協会代表
アメリカンポラリティセラピー協会認定講師 ・ クレニオセイクラル講師


緊張を解くことがなななか容易でない部分である頸部と腹部のリリース方法を学んでいきます。
生理的な身体の発生の前段階において発生しているといわれている3つの原理から手技テクニックをおこないます。

550452_476312235737300_1125590866_n

迷走神経の流れをよくする方法をエネルギーカレントの理解及び・
ポラリティセラピー原理に基づいて進めていきます。
生理学的に頸部と腹部の緊張が迷走しんけいとの働きに非常に関係が深いと いわれています。
部分的なリリースだけでなく、身体の繋がりの中での 見極め方とリリーステクニックをおこないます。
また骨盤底との関連についても お伝えしていきます。

日 時 2016年 6月 5日(日)14:30-18:30

受講料 12,960 円(税込)

お申込み:06-4964-0735 info@studio-colors.com までお願い致します。



ピラティススタジオ カラーズ大阪

 


「マットピラティスに TYE4 を活用する」ワークショップ

こんにちは。トレーナー稲森です。

ピラティスのレッスン中に、「うまく出来ない」「ちゃんとできているのかわからない」とクライアントさんに
言われてどう改善したらいいのか 悩んでる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なぜ正しくできないのか、要因は様々あります。

その中でも動きのイメージが違っていることでうまく再現できない方が多くいらっしゃいます。

そこでカラーズで取り入れているツールの一つが 【 TYE4 (タイフォー) 】

o0800062713453581874

 

数多くあるツールの中でも身体にフィットするように装着するため、自分で正しい動きを導きながらピラティスを
行うことが出来ます。特に手足につけるゴムの「バンジー」が常に身体をあらゆる方向へ引っ張っていることで
身体を引き伸した状態を作ることができ、

動きにくくなっている背骨一つ一つの動きを誘導しやすくなったり股関節や肩関節のつまりをほどきながらの
動きを誘導してくれるのです。そうすることで動きの再現性が上がり、正しい動きに導きやすくなります。

DSC_5840

とてもコンパクトで持ち運びが簡単なため普段様々な場所で指導をされている方や、バレエスタジオなどお家以外で
トレーニングされる方にもとても取り入れやすいツールです。

「タイフォー+マットピラティスワークショップ」

TYE4を使用し、プレピラティス・マットピラティスのムーブメントを効果的に行います。
タイフォーを体幹。手・足に取り付けることで全身の位置感覚とレジスタンスを感じやすくなります。

【日 時】 2016年 5月 3日(火・祝) 14:30-16:30

【場 所】 Studio COLORS 大阪

【受講料】 8,640円

お問い合せ・ご予約 | info@studio-colors.com| | 06-4964-0735


TYE4 は9,000円+税でご購入いただけます。

ピラティススタジオ カラーズ大阪


「ピラティスの歴史」「スタイル別3セッション」2本立てセミナー

こんにちは。

「 ピラティスの歴史 」 と 「スタイル別3セッション」2本立てセミナー開催のお知らせです。

BodyElementSystemJapan代表であり自称ピラティスオタクである武内トレーナーが、

ピラティス歴12年の中で研究してきたことを存分にお伝えしていきます。

Pilates-Reformer2X   5087665211_17690318_std

①【ピラティスの歴史】-日本でいちばん詳しいピラティスの歴史セミナー-

ジョセフピラティスの少年期、青年期、イギリス時代を通じてピラティスメソッドが


どのようにして生まれて、またどのように発展していったのか。

一般的に知られていることだけでなく、多くのトレーナーが知らないピラティスの細部まで

お話ししていきます。各スタイルの流れも知ることが出来るセミナーです。

 

②【クラシカル / ウェストコーストスタイル / ブリティッシュスタイル】

3スタイルのピラティスの違いや意味の解説を加えながら、


ムーブメントを行っていきます。

一つ一つのエクササイズの意味を理解しレッスンを組み立てるのに大変役立ちます。

・クラシカルピラティス ジョセフのクラシカルと現在のクラシカルの違いなど
・ウェストコーストスタイル
・ブリティッシュスタイル

日 時: 2016年 2月 11日(木・祝)  13:00-18:00  ①13:00-15:00 ②15:00-18:00

受講料: 15,000 円+税

講  師: 武内将吾BESJ代表

お申込み: info@studio-colors.com    06-4964-0735      お申込みフォーム

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪


▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.