COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > アーカイブ > 2019-12

2019-12

筋力強化を考えピラティスマシンでトレーニング

こんにちは。トレーナー正岡です。

ピラティスには専用マシン(イクイップメント)には、リフォーマー、チェア、キャデラック、タワー、スパインコレクターなどがあります。

その中でも代表的なイクイップメント「リフォーマー」

o1280085313998627286

リフォーマーにはバネが付いており、バネの抵抗力を使って体に様々な働きかけを行っていきます。マットのトレーニングでは自分の力だけで体への意識を作り出すためにどうしても代償動作が起こったり、可動域の問題で実践が難しい動きなどがあります。リフォーマーは的確なサポート力と同時にベッドの動きやストラップの操作などで身体の伸びる方向性を意識することができピラティスのコンセプトの一つである「2way stretch」を感じやすく、無理なく自分の身体の動きに集中できアライメントの修正につなげていくことができます。

IMG_5754

ピラティスの気持ちよさや「ストロングセンター(中心軸をしっかり作る)」などのピラティスの様々なコンセプトをしっかり感じながらトレーニングすることが可能です。

他のトレーニングとピラティスが何が違うのか?を筋力強化という面からもしっかり考えて無理なく体感していただけるのがリフォーマーの長所の一つではないかと思います。

筋肉を伸ばしながら使う。これによって強さとしなやかさが身についていきます。

先日のスタッフトレーニングでは、リフォーマーとトラペズテーブルのムーブメントで効果を引き出す方法を考え、伸びのあるしなやかな体作りや、強い安定した体づくりのためのムーブメントをディスカッションなども交えながら確認・実践を繰り返し行いました。

IMG_5803

 

FullSizerRender

IMG_5766

ピラティスの効果を実感していただきやすい「リフォーマー」で身体づくりのトレーニングの効率を良くしていきます!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


ジョセフ ピラティスが行っていたオリジナルのクラシカルピラティス

こんにちは。トレーナー矢羽田です。

ピラティスエルダーJay Grimesスタイル・クラシカルピラティス・エデュケーションコースに参加してきました。ジェイ グライムスは、ジョセフが行っていたオリジナルのティーチングスタイル「クラシカルピラティス」を忠実に継承してきました。今回はそのジェイが監修すのロサンゼルスのスタジオVintage Pilatesより、Sandy Shimodaピラティスマスターが来日されました。

IMG_3191

__-320 (1)

3日間のコースでは、リフォーマー・チェア・スパインコレクターを使いながらマットピラティスまで繋げ、フィジカル、マインド両面からクラシカルをより深く学びました。

ピラティスの効果を引き出すために「2way stretch」「ストロングセンター」そして、「呼吸」「集中」「コントロール」「正確性」「バランス」「全身でのムーブメント」などの原則があります。サンディ先生は、この原則に忠実にピラティスレッスンをすすめていきます。

サンディは、イクイップメントでひとりひとりの体格はもちろん、身体や思考の癖まで的確な言葉とハンズオンでで導いていきます。ノートをを取ろうとする私達に、ノートを取らずに必ずムーブメントに集中し体感しなくてはいけないと何度も言っていました。

写真-251

写真-98

カラーズが行っているピラティスはピラティスファーストジェネレーションであるイブ・ジェントリーが提唱してきたウエストコースとスタイルをベースにしています。おひとりおひとりに合わせて「プレピラティスな」なを取り入れて考えていくスタイルです。

サンディ先生は、クラシカルピラティスをエルダー ロマーナ・クリザノスカ、ジェイ グライムスから学び、2人の違いもしっかりと教えてくれました。ジョセフがどういった考えでピラティスを教えていたのかを知ることで、体の使い方をより解りやすくするためにイヴ ジェントリーの考えたコンセプトをより理解できるのだと思います。クラシカルピラティスはシンプル、そして気づきであると終始おっしゃっていました。ムーブメントを通して私達に気づきを与えてくれました。

ウエストコースとスタイルを学び伝えるBESJピラティスだからこそオリジナルを知ることがいかに大切かを感じました。

__-221

IMG_3077

ジョセフがおこなっていたマットピラティスは40個のムーブメントがオーダー表になっていてそれを1時間で終わらせる。これには、正確性・速さ・呼吸・耐久性などが必要で、この部分をトレーニングして強さとしなやかさを作っていくことができます。コントロロジーと呼ばれていたことが本当に理解できます。

この、ジョセフスタイルの「マットグループレッスン」はカラーズでもクラスを作っていく予定ですので。是非チャレンジしてください!

写真-12

写真-197

IMG_3188

ピラティススタジオ カラーズ大阪


ߋ̋L͂
検索
フィード
メタ情報

▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.