COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > BESJピラティス

BESJピラティス Archive

2019年度イタリア研修に参加してきました!

こんにちは。トレーナー正岡です。

美しい海が広がるカラブリア州カタンザーロでマスターストレッチ・ボディキー・姿勢改善システムARPDの研修に参加してきました!

IMG_0799

開発者であるPino Carbone氏より直接教わり、アップデートされたコンセプトをより深く理解していくと同時に、一つ一つのムーブメントを何度も何度も繰り返して動くことで体に落とし込んでいきました。

Pino氏が何度も強調して伝えていたことは「体」と「心」の繋がり。ただ動くのではなく一つ一つのムーブメントに対し何をしなければならないのか、どこを使うのかを考えて体に伝えることの大切さ。そしていつもと同じ事を毎日行うのではなく、その日の体の状態に合わせてムーブメントを選んだりテイストを変える必要性があるということ。3日間のトレーニングの中でこのことをすごく意識して毎日研修に臨みました。

このことは、ピラティスで体を変え・心の状態も良くしていく為にも大変大切なことですね。

IMG_0183

_MG_5906

トレーニングには、身体を整えていくための順番があり、毎日必ずマスターストレッチやボディキーの前にARPD = Auto-Postual Dinamic Rieducation System姿勢改善システムを行い→ウェイクアップエクササイズ→ダイナミックトレーニングシークエンスという順番で行っていきました。

姿勢不良や筋力低下の原因にもなる横隔膜などの呼吸筋を充分に使って呼吸を行いながら、力みがちな臀筋や腰背部、そして股関節を主にゆるめていきます。また、日常生活でのストレスにより縮こまった体をリリースするのと同時に今の自分の体に向き合い、何を感じているのか分析し理解しながら行うことで体がどんどん動きやすくなっていくのがわかります。

IMG_9907

IMG_0719

そして自然に囲まれ太陽の光の差し込む開放的なスタジオの中で行う「BodyKey」ボディキーは、呼吸や自分の体に集中しやすく、いつもとは違った心地よさがありました。pino氏の導きにより何度も繰り返すことでハードながらも全身が繋がっていくのを感じ、気がつくと自分の不調な個所などが改善し体もすっきりと元気になっていました。正しく体を使うのはもちろんですが、呼吸と連動させて体を大きく動かすことで得られる気持ちよさをより感じることができました。

IMG_0431

IMG_0790

ボディキーはコントロールや集中力、バランスなど難しいツールに思いますが、「動きは脳から始まり背骨、神経を通じて筋肉や骨を動かす」とのpino氏のお言葉の通り、ここでも心と体の繋がりを感じビジョンを描きながら動くことの重要性を感じました。

1日目よりも2日目、2日目よりも3日目の方が自分自身の感覚はもちろん。参加者全員のカラダの動きもよりコントロールされたものになっていくのが分かり、意識を変える事で体や動きが変わる事を痛感したと共にこの環境で学べた事への感謝の気持ちで一杯の3日間でした。

IMG_0055

また研修以外にも、イタリアの文化について学ぶアクティビティも毎日開催され、古代から受け継がれたオーガニック小麦のパン作りや伝統的な焼き物の見学などカラブリア州ならではの歴史や建造物、そして壮大な美しい自然に触れることができた貴重な経験となりました。

IMG_0188

IMG_0846

今回の研修で学んだことを、そしてたくさんの感動と発見をレッスンでお届できるよう努めてまいりたいと思います!

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪


カラダの緊張を緩めてあげよう

こんにちは。トレーナー正岡です。

カラーズでは、
ニューヨークの理学療法士が開発したボディワークツール「パラセッター( Parasetter® )」を使いカラダの緊張を緩めてからピラティスを行っていきます。副交感神経 (Parasympathetic)が名前の由来となっているように背骨の両サイドがパラセッターに当たることで心地よくリリースされ、 深い呼吸を誘導しやすくしリラックスできます。また左右のバランスを整え、全身の歪みを整えていくことができます。



 

2つの山型によって背骨に負担がかかりにくいポジションにすることができ、肋骨・頭蓋から骨盤までリラックス状態を得ることができます。この山型部分が肩甲骨と肋骨の間でサポートすることにより、脊柱が浮き周りの筋肉の負担が軽減されていきます。付属品の1つヘッドサポートは、牽引のような効果を生み出し脊柱を伸ばしてくれます。そしてリブラップは、呼吸活動を認識しやすくなり運動効果の向上に繋げていきます。

パラセッター上で、意識して呼吸を10分間行うことで肋骨背部が刺激され、肋間筋を柔軟にし横隔膜の効率的な運動を導きだします。3ディメンションの意識的な呼吸は内臓・筋肉の適正な運動には欠かせません。また、この呼吸活動は筋膜のモビリティの改善にも繋がり良いアライメントへとリセットしてくれます。

IMG_8194

また、安定感があるのでパラセッターの上でピラティスを行うことで無駄な力みから解放された状態で動いていくことができピラティスの質も上がります。

スマートベルというツールを一緒に使うことで肩・肩甲帯が安定し、背骨の動きが良くなります。呼吸で背面を意識し小さい動きで骨盤周りを緩めバランスを取りながら動くことで歪みを整えていきます。

FullSizeRtender

日々の生活の疲れや、スマートフォンの使いすぎ・ストレス・運動不足によって背中が痛い・ガチガチに固まって体が重たい・首も方もバリバリに凝っているなど激しい運動をしているわけでもないのに、背中がつらいのは自律神経とも深い関係があります。

ストレスが溜まると「ココロもカラダも疲れている!なんとか元気にならなくては!!」と感じた交感神経がフル活動し始めます。交感神経が働くと、心臓や肺などの臓器に血液が多く送られ活動モードに。主要な臓器が活発に動いてくれる代わりに、筋肉や器官につながる血管はギュッと収縮し血液の流れが悪くなってしまいます。

緊張したカラダにはリラックス・眠った筋肉はアクティブに!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


ピラティスインストラクターの資格を取得する3ヵ月間

トレーナー木原です。

4月開講のマットピラティスインストラクター資格取得コース2つのクラスが残り1か月となりました。ピラティスムーブメントを覚え、カラダの評価・修正がはじまりました。

BESJ認定ピラティスコースは、60のムーブメント (プレピラティス・ファンダメンタル・クラシカルピラティス)を32時間で習得していきます。その中で指導法、修正法もカリキュラムに含み生徒同士で模擬レッスン(ティーチング)にも重点を置いています。生理学/解剖学/ティーチングスキル/修正法/模擬レッスン/マスターストレッチ イントロ/ボディキー イントロ  ミニボール・セラバンドの使い方をコース内では学んでいきます。

「BodyElementSystemJapan認定マットピラティス資格取得コース」

[スケジュール]
〇水曜日コース 2019年 7月3日(水)-3ヵ月間  13:00-16:00 全11回
〇日曜日コース 2019年 7月7日(日)-3ヵ月間  14:30-17:30    全11回


週1回 3カ月コース 計32時間

※授業欠席による補講のシステムなどはお問合せくださいませ。

FulelSizeRender
IMG_8337

 

[受講料] 183,600 円  ※テキスト 認定証書代含む

受講対象者 初心者、バレエダンサー、パーソナルトレーナー、エアロビクスインストラクターなど 様々な方に受講いただけます。 (経験に応じてクラス構成いたします。)

[内 容]
60のムーブメント (プレピラティス・ファンダメンタル・クラシカルピラティス)を32時間で習得していきます。その中で指導法、修正法もカリキュラムに含み生徒同士で模擬レッスン(ティーチング)にも重点を置いています。生理学/解剖学/ティーチングスキル/修正法/模擬レッスン/マスターストレッチ イントロ/ボディキー イントロ ボール・セラバンドの使い方
☆スタジオカラーズの講師陣は、Body Element Pilatesコース指導技術向上のためピラティスマスターより 学ぶことで内容のブラッシュアップを行っています。

● 2013・2014・2015年 ファーストジェネレーション Eve Gentryを引き継ぐ Michele Larsson氏の元でトレーニング。

P9222062

P1000530

● 2016・2017年 ピラティスマスターElizabeth Larkam氏をスタジオに招聘しピラティスエデュケーションコースを開講。
FullSizeRender

19990506_1393701574052447_7892062290128737344_n

● 2016・2017年 ファーストジェネレーションJay Grimes氏の元でトレーニング。

●2018年ニューヨークのThe original Joseph Pilates Studio「Rolates Pilates」でセカンドジェネレーション Roberta Rose Kirschenbaumマスターのピラティスコース受講。

IMG_4286 IMG_4410

BodyElementSystemJapanについて:https://www.body-element.org/?page_id=5

BodyElementSystemJapanのマットピラティス資格コースは、全国で 2,000名以上が卒業され活躍されてます。継続的なスキルアップの為にセミナーも多種のクラスを開講してます。卒業後のスタジオ開業・運営やレッスンの斡旋についてもご相談ください。

説明会・体験レッスンの申込み  問合せフォーム

「BodyElementSystemJapan認定 ピラティスリングトレーニングコース」

FugFrllSizeRender

[スケジュール]
2019年 9月 26日(木) 12:00-17:00 合計5時間

[内容]ピラティスリングを使用した48ムーブメントを5時間で学んでいきます。

[受講料]  43,200円  (テキスト・修了証含む)

「ピラティスマシンコース」も随時開講してます。
IMG_5809

ピラティススタジオ カラーズ大阪
Mail: info@studio-colors.com
Tel:06-4964-0735


「Oov」を使って新しい感覚をカラダに身につける!

こんにちは。トレーナーの村上です。

雲のような形をした「Oov」(ウーブ)というピラティスのエクササイズツール。
背骨の形を意図してデザインされたこのアイテムのトレーニングコースをアメリカのデンバーで受講してきました。

Oov

Oovはオーストラリアの理学療法士チームが作り出したアイテムで、全世界中のピラティス愛好家が使用しています。その理由は独特のフォルムが生み出す感覚がとても新鮮で身体への気づきを得やすく、ピラティスのムーブメントをより楽しめるものに変えてくれるアイテムだからです。仰向けで上に乗ると、背骨のS字カーブが理想的な形をキープできるだけではなく、仙腸関節を軸にした骨盤の骨(寛骨)と股関節の動き、そして肩甲骨周りの可動性と安定性をうみだせるように形が設計されています。

3 (2)

3Dに設計されたアンバランスな形状によって、モーターコントロールの必要性が生じ、筋膜の特色を加味して動きをつくることで神経系と筋骨格系のつながりを強化していくことができるので、ピラティスのトレーニングをより神経系や運動制御能力の向上、そしてパフォーマンスアップへとつなげていくことが期待できるツールです。

7

今回のコースではOovを使った体の評価修正方法や、マットピラティスへと生かせる動き、ピラティスリフォーマーなどとのコラボレーションした使用方法など、3日間フルに時間を使って様々な角度からOovを効果的に使用する方法を学んできました。

5 (2)

6 (2)

2 (2)

Oovからもたらされる体へのフィードバックは他のエクササイズツールでは得られない繊細さがあり、普段使わない感覚が活性化されるような感触を味わえます。

仰向けのポジションだけではなく、横臥位や伏臥位、立位のポジションなど使い方は多彩です。どのポジションにおいてもOovの不安定な形状を安定させ続けなければならず必然的に集中力を必用とするため、Oovを使用していると時間があっという間に過ぎてしまいます。

また、可動域確保のムーブメントや左右差を修正していくムーブメントが多く、終了後は身体の芯が整うような感覚があります。

IMG_9049

この楽しさと心地良い身体を手に入れるトレーニングをを皆さまに感じていただけるよう、レッスンの中でもお伝えしていきます!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


「身体の緊張化」をピラティスでどうケアする?

こんにちは。トレーナー荻原です。

「女性のためのライフスキル」疲労とコンディショニングセミナーを開催しました。

年齢による身体の変化が気になっている方は多いと思います。疲れやすくなった、夜眠るのが難しくなった、ふとした時に身体に痛みを感じる、動きが鈍くなった気がする、などの症状は年齢を重ねていくとともに起こりやすい症状の一例です。

特に女性は生涯のなかでホルモンの分泌に目まぐるしく変化があるため、加齢による体質の変化が起こりやすいといわれています。

pilates

そのホルモンバランスの変化によって起こる様々な症状のなかで、あまり知られていない症状として「身体の緊張化」というものがあります。

一般的に身体が緊張する(力が入る)のは、精神面での緊張や日常生活の癖による要因を疑うことが多いのですが、ホルモンの変化により身体の力を抜くことが難しくなっていたり、力が入っていることに気づけなくなってくることがあります。特に指先に力が入っている人やそれによって指の関節に痛みが起こったりうまく指を曲げることができなくなっている場合は加齢による緊張化の可能性が高いといわれています。

その他身体の緊張化による症状が起こりやすい身体の部位として、首や顎、そして眼などがあります。また身体の関節も硬くなりやすくなったり、筋肉については自分の力の入りやすいところにばかり力を入れてしまうというのが緊張化の特徴でもあります。

そんな緊張化の症状を軽減させるために必要なことは「呼吸」を重要視すること、そして硬くなった部分ではなくそのそばにある関節を適度な負荷で動かしてあげることです。

緊張化を起こしている人は肩などで呼吸をして、呼吸筋である横隔膜を十分に動かせていない方が多いです。それにより横隔膜と密接に関わっている大腰筋の機能不全を起こし、股関節の硬さを生んでしまいます。

parasetter
パラセッターワークショップ Parasetter

パラセッターの上で身体を安定させた状態で呼吸を誘導することで、背面側にある横隔膜まで活性化させ、呼吸筋を整えるだけではなく自律神経にもしっかりと作用しホルモン分泌をスムーズにしていきます。

また、カラーズのパーソナルメンテナンスレッスンの中で必ず行う「プレピラティス」というムーブメントは、身体の各部位の関節をきめ細やかに動かしていくことで血流やリンパなどの体液の循環を促し身体のエネルギーの流れを促進することで緊張化を取り除く助けとなっていきます。

IMG_8750

加齢による身体の変化に対応するために何よりも重要なポイントは、変化していく自分自身の身体を知りそれを受容しその症状に合った対処をしていくことです。

10年前に成功した方法がいま同じように成功する可能性を期待するより、その10年の間に起こった生活の中の変化、身体の変化、気持ちの変化、社会的変化、対人の変化によっていま必要なことをしっかりと見極めていくことが必要です。

カラーズのピラティスレッスンでは必ず動きの中で自感を促し、いまのご自身の状況を把握していただくために下記のチェックを行っていきます。

①力を入れる・緩める(どこに力が入る?どこの力が抜けない?を自覚する)

②動かす(どこが動いてどこが動かない?)

③体軸を立てる(どの条件でバランスを崩す?体幹の力が働かないと四肢の力は抜けない)

④構え(元の形に戻ることができるか?動作のあとに基本にもどることができなければ次の動作には映れない→メンタルにも影響する)

IMG_8425

加齢による身体の変化に対応するために必要な要素は、認知(捉え方、据え方)、呼吸(酸素と二酸化炭素のバランスはとれているか)、循環(流すことをしているか)の3つがカギとなります。その3つを同時に行うことができるピラティスは年齢とともに変わっていく自分の身体をケアすることのできるメソッドです。

毎日の体の変化ををしっかりと受け入れ、楽しい毎日を過ごすための一つの手段としてピラティスを一緒に活用していきましょう。

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪


加齢に対して運動で身体マネージメント!

こんにちは。
トレーナー村上です。

30代の頃の様に何事もスムーズにこなせなくなってきたというお声をよくいただきます。

身体の衰えは加齢の影響が大きく何もしなければどんどん筋肉や平衡感覚は低下していきます。

その影響で体調が悪くなったり、体型が乱れたりなどいろいろと問題を引き起こします。

これを改善するには ピラティスなどの運動を定期的に習慣化!することが大切です。

DSC_5y833

習慣化することで規則正しい生活がしやすくなり、一定期間つづけることによって身体の筋力バランスも整ってきて気持ちも再生していきます。

カラダとココロが再生することで仕事や生活がスムーズに進めやすくなります。

人生を楽しむ土台である健康とコンディションを保てることで生活の質がたかまります!

特に下記の問題があるかたにはお勧めです。

・肩こり・頭痛・腰痛を改善したい

・美しい姿勢を手に入れたい

・柔軟性がもっと欲しい

・冷えやむくみを解消したい

・代謝をあげてダイエットにつなげたい

・疲れがたまっている

・カラダが痛い、違和感がある

・しなやかなカラダ・真っすぐな美脚になりたい

・いきなりカラダを動かす自信がない

・早起きができない

☆スタジオカラーズのパーソナルメンテナンスレッスンは 下記の特徴があります。

1、ピラティス

コア(腹部のインナーマッスル群)を鍛え、身体の中心を意識して動くことによって、
無駄なリキミから開放され、機能的でしなやかな身体を手に入れられます。
自分のココロとカラダのバランスを感じとる力をつけることで、
五感が研ぎ澄まされ、体調の変化や怪我のリスクに敏感に対応できるようになるでしょう。

img_1488

IMG_0409


2、体調や姿勢に合わせて
カラダメンテナンンスツール<ボディキー・ペガサス・ARPD・Oov・TYE4など>を使います。

【マスターストレッチ】

20160907pirates-studio-116

3、呼吸を意識して姿勢改善・骨格・骨盤調整を行いカラダの筋肉、関節を1つ1つバランスを整えることにより、血流やリンパの流れを良くし、ニュートラル(自然な姿)に戻し、代謝の良いフレッシュな状態へと導きます。オステオパシー・整体・マッサージなどの要素を取り入れています。

パラセッターで背骨のバランスを整えます。

IMG_4815


60分のメンテナンスでカラダとココロを再生パワーアップしていきましょう!


※パラセッターの販売を行っております※
Parasetter® 12,960円(税込)  通販での購入もしていただけます。

Mail: info@studio-colors.com Tel: 06-4964-0735

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪


ピラティス発祥のスタジオへ ニューヨークピラティス研修

こんにちは。トレーナー村上です。
4日間ニューヨークでのピラティス研修に参加してきました。

ピラティス創設者のジョセフ・ピラティス氏が生前実際に指導をしていた8th Avenuetのスタジオでの研修。ファーストジェネレーションであるCarola Trierから直接指導を受けていたRobertaR.Kirschenbaum氏から、Carolaスタイルのピラティスを指導していただきました。

IMG_4241

エルダーCarola Trierは、ジョセフピラティスからスタジオオープンを初めて許された方で、クライアントのムーブメントをよく観察し触れることでガイドしていくことを大切にしていました。今回もクライアントさんに効果的な触り方や修正法も重点的に学びました。

IMG_4522

IMG_4521

IMG_4286

マットピラティス・リフォーマー・チェア・ギロチンなどしっかりと時間をかけて教えていただきました。ジョセフピラティス氏がどのように考え レッスンをしていたかなど 受け継がれてきたお話も聞くことができ、ピラティスに対する気持ちもさらに強くなりました。

身体の問題点とムーブメントの選び方など、直接クライアントさんに気持ちよく動いていただける方法など日本では学べないことを多く知ることができました。

IMG_4305

IMG_4431

IMG_4520

ニューヨークはジョセフ・ピラティス氏がピラティスの発展に情熱を傾け続けた場所であり、それを引き継ぐ人たちがピラティスを続けている特別な場所であると感じました。この歴史あるスタジオで学びRoberta先生のピラティスへの情熱を感じることのできた充実した研修でした。

レッスンの中で今回の学びをお伝えしていきたいと思っています。

資格コース卒業生の方へのフィードバックセミナーは12月に開催いたします!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


10月からのピラティス資格取得コース

トレーナー矢羽田です。

マットピラティス・ピラティスリングの資格取得コーススケジュールのでお知らせです!

「BodyElementSystemJapan認定マットピラティス資格取得コース」

[スケジュール]
◆水曜日コース 2018年 10月3日(水)-3ヵ月間  13:00-16:00 全11回
◆日曜日コース 2018年 10月7日(日)-3ヵ月間  14:30-17:30 全11回

週1回 3カ月コース 計32時間

※授業欠席による補講のシステムなどはお問合せくださいませ。

FulelSizeRender

[内 容]
60のムーブメント (プレピラティス・ファンダメンタル・クラシカルピラティス)を32時間で習得していきます。その中で指導法、修正法もカリキュラムに含み生徒同士で模擬レッスン(ティーチング)にも重点を置いています。生理学/解剖学/ティーチングスキル/修正法/模擬レッスン/マスターストレッチ イントロ/ボディキー イントロ ボール・セラバンドの使い方

[受講料] 183,600 円  ※テキスト 認定証書代含む

受講対象者 初心者、バレエダンサー、パーソナルトレーナー、エアロビクスインストラクターなど 様々な方に受講いただけます。 (経験に応じてクラス構成いたします。)

スタジオカラーズの講師陣は、Body Element Pilatesコース指導技術向上のためピラティスマスターより 学ぶことで内容のブラッシュアップを行っています。

● 2013・2014・2015年 ファーストジェネレーション Eve Gentryを引き継ぐ Michele Larsson氏の元でトレーニング。

P9222062

P1000530

● 2016・2017年 ピラティスマスターElizabeth Larkam氏をスタジオに招聘しピラティスエデュケーションコースを開講。
FullSizeRender

19990506_1393701574052447_7892062290128737344_n

● 2016・2017年 ファーストジェネレーションJay Grimes氏の元でトレーニング。

BodyElementSystemJapanについて:https://www.body-element.org/?page_id=5

BodyElementSystemJapanのマットピラティス資格コースは、全国で 1,000名以上が卒業され活躍されてます。
継続的なスキルアップの為にセミナーも多種のクラスを開講してます。

卒業後のスタジオ開業・運営やレッスンの斡旋についてもご相談ください。

説明会・体験レッスンの申込み  問合せフォーム

「BodyElementSystemJapan認定 ピラティスリングトレーニングコース」

FugFrllSizeRender

[スケジュール]
2018年 11月 8日(木) 12:00-17:00 合計5時間

[内容]ピラティスリングを使用した48ムーブメントを5時間で学んでいきます。

[受講料]  43,200円  (テキスト・修了証含む)

「ピラティスマシンコース」も随時開講してます。
IMG_5809

ピラティススタジオ カラーズ大阪
Mail: info@studio-colors.com
Tel:06-4964-0735


BESJピラティス マスタートレーナーミーティングに参加!

こんにちは。
トレーナー矢羽田です。

スタジオカラーズが所属しているピラティスの団体 BESJ (BodyElementSystemJapan)のピラティスマスタートレーナーミーティングに参加してきました。

今回は、札幌で2日間開催され 北海道から九州までのトレーナー20名が集まりピラティスの研修を行いました。BESJでは、毎年 技術・知識の向上と共有のため海外研修とマスターミーティングをおこないます。これにより、身体を健康に心地よくする情報を毎年アップデートすることができます。

1日目は、マットピラティストレーナー資格取得コースの新しいテキストについて、解剖学や呼吸の仕組みなど基礎の部分や新しいピラティスムーブメントのアップデートが行われました。

キッズトレーニングの方法・スタジオトレーナーのトレーニングについてなどについてのプレゼンテーションも勉強になりました。

DD

蜈・判蜒・2017-10-11 15.51.12

2日目は、ピラティスツール「TYE4 タイフォー」

TYE4は、ニューヨークのPhysicalMind Instituteというピラティスの資格発行をアメリカではじめておこなった「The Institute for the Pilates Method」を前身とした組織が開発しました。

この団体の創設者Joan Breibartが エルダーのイヴ ジェントリーとミシェル ラーソンとともに設立しました。
ジョーンは、1993年に「Pilates」の登録商標権の取り消しを求める訴訟を起こし7年の闘争の後、2000年10月19日に「Pilates」の登録商標が取り消され、これにより全ての人が「Pilates」という語を使えるようになりピラティスは一気に全米で広まっていきました。この歴史あるピラティス団体が開発したTYE4を使ってピラティスの効果をどうひきだすかについてディスカッションとトレーニングを行いました。

IMG_2717

IMG_2700

『 TYE4 タイフォー』ニューヨーク発 背骨を整えるトレーニングメソッドとして◇ 2Way stretch 2方向へのレジスタンスを常に維持し全身の伸びをつくる◇ Strength center 体幹を強くし力みのないしなやかで綺麗なカラダにというコンセプトに、5年前から日本でも広がっています。

カラーズでも5年前からプライベートレッスンで取り入れており、姿勢改善に大変効果的です。

今回アップデートしてきたムーブメントや知識をを通し、身体や心への気づき、変わっていくことで元気な人が1人でも多く増えてほしいと思います!

ピラティススタジオ カラーズ大阪

IMG_0989 (1)


ピラティスを学びにニューヨークへ行ってきました。

こんにちは。トレーナー木原です。

4日間 ニューヨークでピラティス研修に参加してきました!

1日目は、ピラティス創設者のジョセフ・ピラティス氏が実際に指導をしていたスタジオでリフォーマーセッション。

IMG_9449 IMG_9514

ジョセフが重視していた「背骨の柔軟性」。
ベーシックな動きの中に様々なツールをうまく活用し動きに合わせていけるカラダ作り方法を学びました。ニューヨークは日本以上に時間の流れが早く、スマホを使用する時間は1日5時間と言われているほどです。そんなニューヨーカーの生活に根付いたピラティスは、100年以上経っても原型から変わらず引き継がれています。改めてピラティス氏の作り上げたコンセプト・ムーブメントの奥深さを感じました。

そして、ニューヨークシティバレエのコンディショニング部門代表 Marika Molnar氏のスタジオでの3日間。

Marikaを含め理学療法士が7人在中するスタジオでは、リハビリを目的としたパラセッターやピラティスマシンを使用したトレーニングや、骨の強化を目的としたタイフォーを使用したグループレッスンが常時開催されています。

IMG_9622

経験豊富なピラティストレーナーの方々に、肩甲骨から腕にかけての修正法・胸椎の可動域改善・股関節の強化・脚のアライメント修正を中心に学びました。

IMG_9503

ピラティスでよく用いられる「イメージキューイング」。動きのイメージを伝えることで、機能的な動きを導くよう用いられる指導法です。表現力豊かなトレーナーたちの様々なイメージキューイングによって導かれる動きは自己に集中し身体が楽になっていく感覚を再確認しました。

IMG_9621

IMG_9491

そして、「Parasetter パラセッター」「TYE4 タイフォー」の開発に携わってきたマリカから、直接コンセプトやレッスンでの修正の仕方など細かく指導を受けました。

IMG_9509  IMG_9508

タイフォーを使った現代人の首へのアプローチ方法、
パラセッターを使って、体幹部の意識付け、日々のリラックス方法、パラセッターの応用方法、パラセッターMINISを使って、足から足首、手から肩にかけてのアライメント修正、強化方法を学びました。

ご自宅でのメンテナンスツールとしても取り入れやすいパラセッターやパラセッターMINIS、パソコン・スマホを長時間利用する現代、日々時間に追われる現代人のケアには最適なツールであることを改めて感じました。

徒歩1分のところにはニューヨークシティバレエカンパニーがあり、Marika自身がダンサー向けにクラスを行っています。今回は特別にバックステージに連れて行っていただきました!

パフォーマンス直後のダンサーにも直接お会いすることができ、お話しをお伺いすることができました。

IMG_0305 IMG_0306

ピラティススタジオ カラーズ大阪


ߋ̋L͂
検索
フィード
メタ情報

▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.