COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > アーカイブ > 2016-04

2016-04

最新ツール「バンジートーン」セミナー

こんにちは。トレーナー岸本です。

マスターストレッチに装着する最新ツール「バンジートーン」

靴に巻き付けていることで、足底のアーチの引き上げがわかりやすくマスターストレッチの効果が更に向上します。
上半身と下半身のつながりをより意識しなければ連動して動くことができずコーディネーションのトレーニングにも最適です。

Exif_JPEG_PICTURE

バンジートーン

バンジートーンを常に引き合った状態で動くため体幹部の安定がつくりやすくなり、

特に手で引き合って動くことで背中への意識が向けやすくなります。

また足だけのコントロールではなく全身のコーディネーションが必要なため歩行時の感覚が大きく変わります。


『 バンジートーン』セミナー

日    時:

NEW     2016年11月7日(月) 14:30-16:30    お申込み:info@studio-colors.com  06-4964-0735


① 6月18日(土) 14:30-16:30  (満員)


② 7月30日(土) 14:30-16:30  (満員)

③8月19日(金) 14:30-16:30 

受講料:29,160円(テキスト・バンジートーン1セット含む) 

バンジートーンを使ったスタンディングムーブメント・フロアワークをテキストにそって進めていきます。

IMG_6717

IMG_6656

 

足底のアーチが引き上がることでの身体の安定感、

全身がつながり体幹が強化されることでの無駄な力みからの開放感を

感じてみてください!

購入希望 → info@studio-colors.com までお願いいたします。
プロアーチ(18,000円+税)
マスターストレッチ(20,000円資格取得者・ 26,500円+税 一般)

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪

 


体力づくりとよい睡眠

こんにちは。
トレーナー岸本です。

雨が続いたりとすっきりしないジメジメ暑い日が続いていますね。
夏になると・・・ 「すぐに疲れてしまう」「夏は体力がもたない」
なんてお悩みの方も多いようですが、疲れの原因は体力のだけの問題ではなく 睡眠不足の可能性も考えられます。

・なかなか寝付けない ・眠りが浅い ・何度も目が覚める

こんな方は朝の目覚めからスッキリしていないのではないでしょうか?
前日の疲れが残ったまま、今日のスタートでは気力も体力もないと感じてしまいます。
疲れやすいからと言って体力をつけようと激しい運動を行うよりも、
寝る前に身体をゆるめて自律神経を整えましょう。

o0541032413033296345

一日仕事で疲れている上に激しい運動をすると・・・ 自律神経の交感神経は上がりっぱなしです。

身体には、疲労感があるのに「目が冴えて、眠くならない」なんていうことはありませんか?
良い睡眠を誘うにはちょっとした準備が必要です。

マットの上でなくても、お家の畳やカーペットの上で少し身体をゆるめてあげてください。
呼吸をゆっくり行うことも偏った自律神経のバランスを整えるのに有効ですが、
背骨や骨盤を動かし身体を緩めながら優位になっている交感神経のバランスを整えましょう。

o0800060013003765106

背骨は自律神経の通り道になっており、頸椎や仙骨からは副交感神経、
脊柱からは交感神経の指令がでているので、
プレピラティスの ゆっくり頸椎の動きを作る「Nod a Head」
仙骨周りの筋肉を緩める「Pelvic Articulation」がとってもオススメです。

ミニボールを使って行うと力を入れすぎずに小さな動きをうまく作れるようになります。

とってもシンプルな動きですが呼吸に合わせてゆっくり行うとだんだん気持ちよさが 生まれ、
身体が緩みをつくりリラックスしている状態での副交感神経が少しずつ目覚め、
優位になりがちな交感神経とのバランスが取れるようになり身体がリラックスした状態で
睡眠へはいって入っていきやすくなります。

身体は使いっぱなしにせずに、メンテナンスもして労わりながら これからの暑い季節を乗り切っていきましょう!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


イタリアからマエストロ PinoCarbone が来日!

こんにちは。トレーナー木原です。

マスターストレッチ・ボディキー開発者ピノ・カルボーネ氏がイタリアより来日してワークショップが
開催されました。

今回2日間で一番おっしゃっていたことは、

『固有受容器をアクティブにすることで、頭と神経と筋肉が繋がり、より良くカラダを動かすことが出来る。』

固有受容器って??
聞き慣れない名前かもしれませんが、 この感覚は脳の中でも意識的なものとは
あまり関わりのない領域で処理されることが多いため 日頃の生活の中で私たちはほとんど気がつかずに過ごしてしまいます。

固有受容覚の働きが低下していると、私たちの運動は今と比べて非常に遅く、
ぎこちなくなり、今までスイスイやってきたことは、全て見て確認しながらでないとやっていけません。

FullSiuzeRefnder FullSizeRenhder

じゃあどうすれば、アクティブになるのか!

その固有受容器が一番集まっている身体の部分が、「 足底 」と 「お尻」。
その固有受容器が集合している足底にアプローチしてくれるのがマスターストレッチ

マスターストレッチを履くと、足裏痛くなる方もいると思います。その使っていたい感覚。
MasterStretch 後の、浮いたような立ちやすさ。これが、アクティブな状態です。
足底がアクティブになることで、内転筋・骨盤底筋・コア・背面・首など全てに繋がってきます。
普段しないような、ペアワークもしました。呼吸で相手を感じ、タイミングを合わせ、力の配分を考え、相手を信じて動く。
いろんなことに集中しないといけないエクササイズ。
動きをしっかり理解して動かなくてはいけません

IMG_6538

そして、バレエのためのマスターストレッチ
バレエの人はウォーミングアップといえば、柔軟ですがそれではウォーミングアップにはなっていないため、
ダンサーはアスリートに比べて怪我をする人が多いことを指摘してくださいました。
ポーズを真似するのではなく、身体のことをしっかり解って動かないといけないことを教えていただいた後、

マスターストレッチで変化を感じて頂けたと思います。
FullSizeRfeender

そして、もう一つ固有受容器の集合しているお尻からアプローチしてくれる『BodyKey  ボディキー 』

骨盤底筋をずっとアクティブにしたまま、コントロールして動くことの難しさと、コアが使えていく気持ちよさを感じました。
ピノさんの魔法のようなキューイングに、どんどん全員の動きが良くなっていきます。そしてピノさんのしなやかな身体。

だれよりもしなやかにそしてその中での安定感や強さ!綺麗な見本に見とれてしまいます。本当にスゴイです。
普段ほとんど使い切れていない固有受容器の感覚を身体を動かす中で目覚めさせ身体も心もいい状態を高めていきたいですね!

IMG_6573

マスターストレッチ・ボディキーはプライベートレッスンでお使いいただいてます!

IMG_7064

 

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪

 


骨盤の安定とボディキー

どんなトレーニングにおいても、重要な
骨盤のポジション。

女性は特に骨盤は気になるポイントのひとつではないでしょうか。

歪みが発生しやすい場所でもありますが、

様々なトレーニングやストレッチをする場合、
骨盤のポジションを理想的な形に置くことで、

運動効果は全くかわってきます。

「家」でたとえるなら、骨盤は「土台」部分といわれています。

骨盤 … 土台
背骨 … 柱
肩甲骨 … 梁
肩 … 屋根

こんなふうにイメージすると、家の土台である骨盤が不安定になれば
「家」は成立しないことがわかります。

ボディキーを使用することで、正しい骨盤の位置を感じながら
トレーニングすることができます。

たとえば、骨盤を安定させながらストレッチすることが難しい
梨状筋~ハムストリングスへのストレッチ

o0800053312745062745

ボディキーを使用すると、骨盤を安定させて脊柱から全身を含めて
ストレッチが可能です。

ピラティスでは難しい骨盤を意識したSwanのトレーニング

o0800053312745062744

骨盤の下にボディキーを置くことで、全身のレジスタンスを可能にします。

自分の意識だけでは難しい骨盤の理想のポジショニングを
ガイドしてくれるボディキーは、トレーニング効果を倍以上高めてくれます。

マスターストレッチと二分してファンが多いアイテムです。

o0800120012745063273

ピラティススタジオ カラーズ大阪


「 頸部・腹部のリリーステクニックを学ぶ 」セミナー

こんにちは。
トレーナー岸本です。

首の不調や・お腹の張りについての質問を最近多くいただいてます。
この症状を改善していく方法についてのセミナーを開催いたします。

「頸部・腹部のリリーステクニックを学ぶ」セミナー

講師:早志享子 日本ポラリティセラピーサポート協会代表
アメリカンポラリティセラピー協会認定講師 ・ クレニオセイクラル講師


緊張を解くことがなななか容易でない部分である頸部と腹部のリリース方法を学んでいきます。
生理的な身体の発生の前段階において発生しているといわれている3つの原理から手技テクニックをおこないます。

550452_476312235737300_1125590866_n

迷走神経の流れをよくする方法をエネルギーカレントの理解及び・
ポラリティセラピー原理に基づいて進めていきます。
生理学的に頸部と腹部の緊張が迷走しんけいとの働きに非常に関係が深いと いわれています。
部分的なリリースだけでなく、身体の繋がりの中での 見極め方とリリーステクニックをおこないます。
また骨盤底との関連についても お伝えしていきます。

日 時 2016年 6月 5日(日)14:30-18:30

受講料 12,960 円(税込)

お申込み:06-4964-0735 info@studio-colors.com までお願い致します。



ピラティススタジオ カラーズ大阪

 


「感覚」を研ぎすますと

こんにちは。トレーナー岸本です。

「4月」に入り、新学期・新年度で環境の変化が著しい時期となりました。

そんな忙しい日々の中で無意識に頼りがちな「大脳の働き」を本来持っている「感覚」と併せてご紹介します。
私たちが今生活している環境は、コンクリートに囲まれ、アスファルトが敷かれた場所が多く、
便利なテレビや電子レンジなどの 電化製品にあふれて、移動も車や飛行機などがあって、歩く必要もなくなっています。

自然の環境ではたくさんの草木、動物、昆虫が共存していていろいろな関係性の中でバランスと調和がとれて多様性がありますよね。

私たちは知らず知らずのうちに作られた環境の中で本当は自分の中にある”感覚”を失いやすくなってしまっており

人間の最大の特徴である”大脳”を使って、自然と”大脳”を使って生きやすい環境になっているのです。
”大脳”を使って生きていると、

→身体の外の世界へ強く意識や感心が向かいやすくなります。
→考え方や感じ方がひとつの方向や角度に固定されやすくなります。
→”大脳”への血流が増えて、頭を中心に生きるようになります。
この傾向が強くなってくると、頭がずっと働き続けて、自律神経も高ぶったままになりやすくなって
眠りが浅いとか、疲れが取れずらいといった感じが出てきたり、精神的な不調も多くなってきます。

DSC_5643

また意識が身体の外側に向かっているので、自分の身体の中の情報がうまく脳に吸い上げられなくなって、
自分の身体の中がどうなっているのか感覚がなくなってきます。
こうなってくると自分の身体なのに、どんどん鈍感になってしまい身体の中で病気が起こってきても重大になるまで気がつかなかったり
自分ではしっかり動いているつもりでも、ある部分だけに動きの負担をかけてしまったり
身体が壊れていく要因になりやすくなります。

そこで大切なことは『鈍感になってしまっているだけで、もともと誰にでもちゃんと自分の中に”感覚”はある』ということ。

そして自分の中にある”感覚”を磨こう!とういうことです。
【”感覚”を磨く=本来あるものに気づけるようになる】
ゲームをしていると”大脳”が喜んでいます。
するとゲームをしやすいように目は画面に近づいて、手先を使いやすいように身体は丸まっていきます。

そこで重力を”感覚”で感じられるようにするとそれに自然と適応しようとして姿勢は良くなっていきます。
”大脳”は美味しいものをたらふく食べたいんです。
すると、胃腸の消化吸収能力以上にたくさん食べて、デザートは別腹です…

でも、少し胃の膨らみ方に意識を落として食べてみるだけで、自然と満腹がわかって食事の量は適量で収まるようになっていきます。

”大脳”を使った考えることから少し離れて、”感覚”=感じることに世界を少しシフトしてみると、
自分の身体のことを自分で感じられるというのは、安心感も生まれますし、何より自分の身体が楽しめるようになります。

日常生活も健康も、感じられることがだいぶ変わってきます。

ピラティスでは常に自分の感覚を感じながら動いていきます。
周りの音から離れ、自分の内側へ集中することで身体の状態に目を向けることが出来ます。

その習慣が不調や病気などの早期発見につながったり、ストレス社会に負けない身体作りへとつながっていきます。

忙しい時期こそ、環境の変化が著しい時こそ、ピラティスを通して自分の身体に集中する時間を大切にし、身体の感覚にスイッチを入れ直していきましょう!



ピラティススタジオ カラーズ大阪


Airplane Board を 使ってトレーニング  

こんにちは。

エアプレーンボードを使ったトレーニングの勉強会をしました。

「Airplane Board」 の名前の由来は飛行機がテイクオフするようにスムーズにキャデラックから

足が浮いていき背骨の動きを良くしていくというところからきています。

脚の使い方のアンバランスさと骨盤の位置を修正しやすくなります。

タワーを持って肩甲骨の安定させてのムーブメントにも効果的です!

IMG_4423

ジョセフピラティスさんの Airplane Boardも今のものと同じ形です。

10153801_10152308570368607_4748661878198142278_n

 

脚で蹴るというのではなく、骨盤と連動させて伸ばしていくという感覚が

すごく感じやすく 腰部のつまりを軽減して背骨を動かせる優れものです!

IMG_4424

ボードを使ってアドバンスの動きもプライベートレッスンの中で行っていきます!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


スタジオカラーズ 7年目にはいりました!

今日から4月!新年度のスタートですね。
桜も咲きはじめ、爽やかな季節が到来です。

スタジオカラーズは、この4月で 7年目に入りました!

皆様に支えられてこの4月を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてこれからも、皆さまが元気になれるように、ピラティスを通して、人生がわくわくするような感動を
お伝え続けていきたいと思っています。


感謝の気持ちをこめて、今年は「Why Juice」さんのLong-Life JUICEをお渡しいたします。

o0409059513608009488

これからもスタジオカラーズをよろしくおねがいいたします!
皆様のお越しをお待ちいたしております。

ピラティススタジオ カラーズ大阪


ߋ̋L͂
検索
フィード
メタ情報

▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.