COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > ピラティス | ワークショップ・セミナー > 「骨盤力 for ピラティス」と「Dancers Movement Program」

「骨盤力 for ピラティス」と「Dancers Movement Program」

こんにちは。トレーナー村上です。

月曜日に近くのスタジオをお借りして2本立てワークショップを開催しました。

◇ 「骨盤力 for ピラティス」
◇ ダンサーの為のピラティス DMP「Dancers Movement Program」

まず1本目は「骨盤力」のセミナー。
フランクリンメソッドのエッセンスをいかにピラティスのムーブメントに落とし込んでいくかを
体感を通して学んでいきます。講師は杏奈トレーナー!

FullSizeRhender


解剖学の知識を動きにあてはめて、筋肉ではなく「骨」からピラティスの動きをイメージすることで
身体の動きが格段に良くなる感覚と、いままでのピラティスと少し違う「体の安定と伸び」を
感じることができます。

それにより、より正しく理にかなった動きが実践できるようになり、
余分な力みからの解放が生まれ、安定性と可動性のバランスが整いやすくなります。

例えばピラティスのムーブメントのなかの「シザーズ」という脚と体幹とのコーディネーションの動き。

「骨盤を安定させて脚をはさみのように動かす」という通常のピラティスのキューイングを股関節を
屈曲・伸展させたとき、骨盤の骨である寛骨の動きの方向性をボーンリズムから理解し、
連動性をつくりながら同じムーブメントをすると、「筋肉」によって骨盤を安定させた以上に骨盤の安定と
センタリングが得られるダイナミックアライメント(動的安定)をつくりだすことができます。

2本目は、新プログラム DMPワークショップ Dancers Movement Program
前半のセミナーでの骨格などのイメージを生かしながらダンサーさんのコンディショニングについて。

FullSizheRender


大人の方がダンスを踊るときに機能的に動けるように、というコンセプトでつくられた
プログラムは、ジャズやバレエなど特定の価値観に特化せず、ダンスをされている全ての方の
コンディショニングや強化、レベルアップのために有効です。

また、ピラティスをベースにして構築されたメニューは、ダンサーさんだけではなく
ピラティス愛好家の方にも取り入れることができるメニューもあり、沢山の動きのアイデアが
満載の内容となりました。

FulljSizeRender

FullhSizeRender


なぜピラティスを実践することで体を機能的に使えるようになるのかという理由を
しっかりと実感できるセミナーとなりました。
 
次回開催は秋頃を予定しております。
 
 
ピラティススタジオ カラーズ大阪


ߋ̋L͂
検索
フィード
メタ情報

▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.