COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > ピラティス | ボディキー | マスターストレッチ > 想像力がトレーニング効果を高める!

想像力がトレーニング効果を高める!

こんにちは。トレーナー矢羽田です。

心地よい身体を長く保ち続けるためには自分にとっての「心地よい場所」を意識することが大切です。

身体の理想的なポジションを意識する方法やイメージは人それぞれ個人差があり、
同じイメージで共感できることもあれば、個性的な感覚や表現方法をお持ちの方もいらっしゃいます。


たとえば筋肉に力が入るときの感覚を言葉で表現すると「ギュッと」「グっーと」「カチッと」など、人によって
分かりやすい!と感じる言葉が違いますね。

育ってきた環境や運動経験、現在の生活習慣などが影響していると思われます。

そこで鍵になってくるのが「想像力」 自分の骨や筋肉をイメージの中で描けるかどうかで
動きの質は全く変わってきます。

最初は「つもり」でもいいので、この辺りに肩甲骨がある、この辺りに大腿骨がある…というのをイメージして、
それを動かしたい方向をイメージすると、それと連動して正しい筋肉も働きやすくなります。

先週のスタッフトレーニングでは、そんなイメージのシェアも行ないました。

o0509077813279621470

先月イタリアで学んできた「新しいイメージ」の共有をしながら、動きを一つひとつ確認していきました。

o0800053013279621472

o0800061213279621471

例えばスカルプターという器具

o0500050013278188953

内腿のトレーニングをするとき、ただ単にこの器具を内転筋で挟む、だけではなく、一度「ひきあげる」という
イメージ付けをしてから行うことで、安定感や骨盤底筋群へのイメージがより確かなものになることが実感できます。


特に骨の位置や動きを明確にイメージできればできるほど、身体の理想的なポジションが明確になってきます。
自分の身体を解剖学の図と照らし合わせながらトレーニングができるとちょっと違う感覚が生まれます。


ピラティススタジオ カラーズ大阪


ߋ̋L͂
検索
フィード
メタ情報

▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.