COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > アーカイブ > 2016-11

2016-11

TYE4を使って関節をしっかりトレーニング


こんにちは。トレーナー木原です。

Tye4®のプログラムの1つに 「BoneUp® ボーンアップ」というものがあります。


BoneUp®とは、骨粗しょう症予防としてアメリカ・ニューヨークで行われており、
立った状態で関節強化が行える、タイフォーのプログラムの一つです。

BONE UP TYE4

 
タイフォーの特徴でもあるゴムの抵抗力を使って、肩・股関節などの大きな関節や
手首・足首・背骨などにある小さく、動かしにくい関節に刺激を送ることで、
関節まわりの筋肉たちを目覚めさせていきます。
立った姿勢で体重移動など重心の移動を加えながら動いていくため、
全身のコーディネーションと伸びが大切となっていきます。
重力を感じながらの全身運動は、加齢による体力低下や怪我の予防ともなります!
o0800060013520335963

o0800057513520339149

 

マットピラティスもミックスしてのレッスンで背骨の意識もしやすくなります。o0800060313515630854

姿勢が正しくキープしやすくなることで、首こりや肩こりなどの解消や、
歩行の改善、肩関節・股関節の可動域改善が期待できます。

TYE4 はプライベートレッスンでもご受講いただけます。
またタイフォーの購入も可能です(9,000円+税)。

ピラティススタジオ カラーズ大阪


「MINIS™」で自身の足の踏み方を考える

こんにちは。トレーナー岸本です。

皆さんは足を正しく使えていますか?

O脚やX脚、左右差、太さなど、元々悩みを持った方もいらっしゃいますが、

「立つ」「歩く」という行動は、ある程度正しくなくても無意識で行うことができるため、
気付いた時には既に歪んでいたり、筋力バランスが失われていることも。

足の使い方は姿勢に大きな影響があるため、悪い足の使い方は様々な部分に悪影響を与えます。
例えば腰痛や肩こりなども、実は足の使いかたが原因になっている場合があります。

足の使い方を正しい方向へ導いてくれる 「MINIS™」は、

minis-testimonials-1200x600 yuu-feet-wedges

特殊素材で作られたフィット感のある柔らかさが足のバランスを整えながら、
正しいバランスを取るための”センターチャンネル”に収まるように設計されているため、
上に乗ってムーブメントを行うことで足に備わっている機能を正しい方向へ導くことができます。

踵のポジションの修正にもたいへん役立ちます。

マッサージ効果やストレッチ効果も高く、足の固有受容感覚も刺激してくれます。

コントロール力はバランス感覚の向上も期待できます。

小さいアイテムですが、効果は絶大です!

ニューヨークシティバレエ団のMarika Molnar 氏が開発した「Parasetter®」
パラセッターの姉妹メソッドです。


ピラティススタジオ カラーズ大阪


「内蔵ケアと食事」「性ホルモンと運動」の2本立てセミナーしました。

こんにちは。トレーナーの矢羽田です。

「性ホルモンと運動」「内蔵ケアと食事」の2本立てセミナーを開催致しました。

月経・更年期のホルモンと、なかなか聞くことがない男性の更年期について学びました。
o0960066513787553854

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、月経リズムによって
分泌量が増えたり減ったりします。約28日周期(月経リズム)のなかで、イライラする、
肌状態が変わる・・・と自覚している方も多いと思います。それには、月経をつかさどる
女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌量の変動が関係しているといわれています。

女性ホルモンとは、卵巣から分泌され、妊娠、出産に重要な役割を果たすホルモンです。
また女性の若さを守り、健康トラブルを回避してくれるホルモンでもあります。
この女性ホルモンは一生涯、 分泌されるわけではありません。

o0580045013787099750
20代に分泌のピークを迎えると、 30代後半からは右肩下がりになります。
そして40代から50代にかけて女性ホルモンは一気に低下します。それに比べ、男性は
男性ホルモンであるテストステロンは年齢によって減少しますが緩やかです。残念ながら、
女性ホルモンの低下を止めることはできません。

更年期を健やかにのりきるために大切なのは、
エストロゲンの減少スピードを緩やかに、そして代わりになるDHEAという代替えホルモンを
分泌させること。

その為には、食事と運動。

お豆腐を食べるなら半丁程。とりすぎはよくありません。
それよりも、内蔵を元気にすることが大切。内臓が元気でないと、ホルモンが正しく
分泌されませんし、運動の効果も上がりません。

o0400024013787578827
食べ過ぎ、ストレス、細胞、サーカディアンリズムの乱れを正すことで内臓の
動きもよくなり、DHEAが分泌されやすくなり、更年期が少し軽減されます。
呼吸などお腹のインナーマッスルを動かし、姿勢の悪さから来る内蔵下垂・内蔵圧迫を
なくすと、内臓が動いてきます。

呼吸をしながらインナーマッスルを使うピラティスがピッタリ。

o0526039413610673704 Parasetter パラセッターを使って呼吸を改善。

固まった内蔵を動かして、ホルモン分泌を促していきましょう。

ピラティススタジオ カラーズ大阪


セラピックピラティスツール「Arcus アーカス」

こんにちは。トレーナー岸本です。

カラーズでは様々なピラティスマシンがありますが、その中の一つリフォーマーに装着して使う
「Arcus アーカス」。大きな弓形のアーカスは身体の動きを誘導してくれます。

img_7683

計算された弓の傾斜が特徴的で
パソコンやスマホで疲労しやすい腕の力みを解消してくれます。
そして自分の力だけでは動かしにくい、背骨一つ一つの動きを作りやすくしてくれます。
日頃動かしきれていないところが動き、背骨が動く心地良さを体感できます。

img_9424

側湾症の方や、慢性的な腰痛の方、座り仕事の方など
におすすめのツールです。

プライベートレッスンにて体感していただけます。
ご希望の方はスタッフまで!



ピラティススタジオ カラーズ大阪


ߋ̋L͂
検索
フィード
メタ情報

▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.