COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > アーカイブ > 2016-02

2016-02

呼吸で免疫力をアップ。

こんにちは。トレーナー清水です。

気温が下がる日が続き今年もインフルエンザの流行が一気にやってきました。
ウィルスや病原菌などに感染しないためにも、免疫力を強化しておきたいところですね。

では、免疫力を上げるにはどうしたらいいのでしょうか? 方法はたくさんあります。

・食事の改善(バランスのよい食生活)
・適度な運動(代謝を高める)
・しっかりと睡眠をとる(疲労からの回復・体力維持)
・カラダを温める(冷えから守る)
・水分をしっかり採る(カラダの水分バランスを整える、代謝の促進)
・ストレスからの解放(自律神経の調整)

必要なのは、体温を上げること。

o0800063013408933987

 

それには様々な方法がありますが、何かひとつをそれだけやれば改善される、というものではありません。
総合的に身体の状態をストレスのないニュートラルに戻す必要があります。
そのなかでも、自分で一番意識しやすいものに「呼吸」があります。
呼吸を口呼吸から鼻呼吸に変えるだけでも、免疫力に影響があります。

鼻というフィルター(粘膜)を通した空気を体内に取り入れることで、
空気中の雑菌を取り除いた状態で体内に空気を取り込むことができるのはもちろん、

フィルターによって加温された空気を肺へ取り込むことができるため、
免疫力維持の最大の敵である内臓の冷えを防ぐことができるといわれています。

また、呼吸は自律神経を整える働きがあるとされ、ストレスなどでバランスが崩れやすい自律神経の働きを
もとにもどす手助けをしてくれます。呼吸に使われている筋肉(呼吸筋)は、約20種類あるといわれています。
横隔膜・肋間筋が主なものですが、首・背中・お腹などの多岐にわたる筋肉が呼吸に関係しています。

o0333029213576982105

呼吸をするだけでも筋肉がしっかり動くため、代謝の向上・体温上昇に
大きく影響するだけではなく、ガス交換がしっかり行われることによって、
老廃物の排出も促進される結果に繋がります。
カラーズに来られるお客様に、呼吸を意識していただくと、普段どれだけ呼吸が浅い状態だったのか驚かれる方が多くいらっしゃいます。
それだけ無意識に放置している呼吸を意識することで、変化はじわじわとあらわれてくるのです。

何気なく行っている呼吸に意識を向け、深い呼吸を癖づけていき、免疫力アップしていきましょう!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


スマホネック

こんにちは。

最近は首の調子がよくないという理由で来られる方が大変増えてます。

便利で多機能のスマホですが実は長時間利用することで骨格の歪みを
つくってしまう可能性があります。

実際に前かがみにスマートフォンを操作する時間が増えることで
首の張りや頭痛、肩の痛み、時には腕や手の痛みの症状を訴える方が増えてきています。

長時間携帯機器を操作していると・・・

成人の平均的な頭の重さは4.5キロ~5.5キロ程度。首と肩は下を向いた状態で
この重量を長時間支えることができないのです。

筋肉は疲労し硬くなっていき、首の椎間板は圧縮されていきます。

images

smartphones_neck_pressure_pain_dr_krystov_bock_active_quiropratica_chiropractor_algarve_quiropratico

このような首のラインをストレートネックといい、最近ではスマートフォンの普及により
長時間スマートフォンを利用する10代~20代の学生、OL、サラリーマンに多くなり
ストレートネックのことを「スマホネック」とも言われるようになっているようです。

このストレートネックの対処法のひとつとしては、首だけにとどまらず全身の柔軟性を上げ、
しっかりと背骨や関節を動かすこと。

ピラティスでの骨盤から背骨ひとつひとつを意識して動かすことも、全身の血流を上げ
柔軟性を上げていくことにつながります。

身体に正しいポジションを覚えさせてあげるといつもよりも視線の位置が高くなり
背筋もすっと伸びてきます!

首の正しいポジションを知ることで背骨や肩甲骨の動き、
背中の筋肉を上手に使えるようにもなりますよ。

RIMG0402

 

この「COMBO CHAIR」は体幹を安定させながらマットでは再現しにくい
身体のポジションで動くことでより身体の動きの幅を可能してくれるので
新しい気付きがたくさんあります!

ぜひ使ってみたい!という方は声掛けてくださいね。

日常で携帯を見ない日を作るのはなかなか難しいですが、なるべく長時間にならないように工夫をしたり、
毎日を気持ちよく過ごすためにも身体コンディショニングする「運動習慣」を身につけていくことも
大事にしていきたいですね!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


スパインコレクターワークショップ

こんにちは。
トレーナー稲森です。

「スパインコレクター+ボディキー」ワークショップを開催いたします。

ジョセフピラティスが考案したイクイプメントスパインコレクターを使い背骨と骨盤の動きを改善させていきます。
また「ボディキー」を使いムーブメントの理解度を高めていきます。

日 時:2016年 3月 6日 14:30 – 16:30

受講料:10,800円

DSC_5049   DSC_5063

ピラティススタジオ カラーズ大阪

 

 


ピラティスのスタイルの違いと応用を学ぶ

こんにちは。

今回は、近所のスタジオをお借りして、
ピラティスの歴史・スタイル別3セッションセミナーを開催しました。
今回のテーマは ピラティスの様々なスタイルの違いを知ること。

ピラティスは世界中に様々な設立団体がありますが、その違いってなんなの?という部分は比較する
機会がないのですが、 今回はそんなあやふやな部分の差を佐々ざまな角度から知ることのできる
セミナーとなりました。

クラシカルピラティス ブリティッシュスタイル ウェストコーストスタイルの特徴を学んでいきました。

FullSizeRender   g

ピラティスを作ったピラティス氏の家族構成や、子孫の話、実際に語られていること違う真実など、

知らなかったピラティス氏の人間性や性格まで知ることができたり、

その後世界に広まったピラティスの特徴やその理由などを実践を通して知ることができる貴重な機会となりました。

o0800060013565749169  o0800060013565749168

第一次世界大戦の頃から、今に至るまで、ピラティスが受け継がれている理由が

とてもよくわかり、時間が過ぎるのがあっという間でした。

この良さをどんどん皆さまにお伝えしていきたいと思っています!
ご参加していただきました皆様、講師の武内トレーナー

楽しい時間をありがとうございました!
ピラティススタジオ カラーズ大阪


テレビ(まるトクZIP)で紹介していただきました!

こんにちは。

昨日の朝、読売テレビのすまたん・ZIP 枠の
「まるトクZIP カラダを綺麗に」でマスターストレッチ・ペガサスを紹介していただきました。
元タカラヅカの彩羽真矢さんがレポーターとして来られました。


イタリアのコンディショニングイクイプメント「ペガサス」

1  2

マスターストレッチ
IMG_5237  IMG_5236

TYE4 タイフォー
IMG_5237

ピラティススタジオカラーズ大阪


運動を習慣化する大切さ

こんにちは。トレーナー清水です。

インフルエンザも流行し冬らしい気候になってきました。
ここから一段と気をつけないといけないのが、乾燥ですね。
今回は乾燥肌について。

肌は常に入れ替わりが起こっており、
表皮の奥で皮膚細胞が生まれてから、表皮の外側の角質になり垢となって剥がれ落ちるまでの流れのことをターンオーバーと呼ばれます。

理想的なターンオーバーの周期は28日。

sinpi-turnover
ターンオーバーの周期の計算の仕方は 【 自分の年齢 × 1.5~2倍の日にち 】

20代:約28日 30代:約40日 40代:約45日 50代:約75日 60代:約100日

このように、年齢の経過とともにお肌のターンオーバーは遅くなるので、
肌細胞が入れ替わるまでに時間がかかります。

遅くなって行くターンオーバー周期を取り戻すためにも必要なのが、【運動】です。

運動と言っても、すぐに息が切れるような激しい運動は体に負担が大きく、
活性酸素も発生することから、肌の老化の原因にもなるので
ピラティスのように深い呼吸とともに心地よくカラダを動かすことがポイントです・
運動をすることで代謝があがり、血流がよくなることでの効果もありますし、
寝ている時に多く分泌される成長ホルモンが運動時にも分泌されることで、お肌の生まれ変わりを促進してくれます。
また「エンドルフィン」「ドーパミン」「セロトニン」といった脳内ホルモンの分泌が促進されるので、ストレス解消にもつながります。

身体の外側からだけでなく、内側からも肌環境を整えていけるように
適度な運動を習慣づけていきましょう!

DSC_0984
ピラティススタジオ カラーズ大阪


イタリアのコンディショニングマシン「ペガサス」

こんにちは。

今回は、スタジオでいちばん大きなマシン「ペガサス」について

ピラティスには創設者のピラティス氏が生み出したキャデラック・リフォーマー・チェアなど
様々な形のマシンがあります。

カラーズにはそれらを複合したようなコンディショニングマシン「ペガサス」があります。
イタリア発祥のペガサスはマスターストレッチの開発者でもあるピノ・カルボーネ氏によって作られました。

o0800053313230061454

大きな四角形の形の中にはあらゆる方向にスプリングやペダルが取り付けられており
全身を協調させながらの動き作りができます。

ペガサスの大きな特徴は、柔らかい動きと同時に強さを作れること。
筋トレのように単純に筋肉を鍛えるだけではなく、
身体の柔軟性やしなやかさを利用しながらコアなどのインナーユニットにアプローチすることで
しなやかな動きの中に強さをつくることができます!

o0800120013230061455
身体が固い方、しやなかな身体づくりをしたい方、
自分のカラダのコントロール力を上げたい方などにオススメです。

o0800120013024469800

身体をコントロールし協調させて動かすことは、
スポーツやダンスなどのパフォーマンス向上だけではなく、
普段の歩き方や立ち方の癖を動きの中で修正することができます。
また丁寧にゆっくりとした動きを中心に構成していくため、
集中力が高まり、自律神経も整いやすくなります!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.