COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > アーカイブ > 2013-10

2013-10

『ヤムナフット+マスターストレッチ』ワークショップ


「YAMUNA ヤムナフット+マスターストレッチ」ワークショップ

足に焦点をあてたヤムナフット(90分)・マスターストレッチ(30分)の
コラボレーションワークショップです。

足の仕組みを知り、正しく使って歩くことを覚えることで機能を改善させて
膝-股関節-腰-体幹のつながりを感じ効率的に動くようになります。

カラダの土台である「足」についての機能回復・外反母趾予防など
セルフケアの方法をお伝えしていきます。

tumblr_msv9h9BQVr1rxxjeqo1_500 (2)FLYER MS

日       時 :   2013年12月15日(日)14:30-16:30
受 講  料 :  8,400円
対    象 :   全ての方(ピラティス経験の有無は問いません)

お申込み:info@studio-colors.com 06-4964-0735


ピラティススタジオ カラーズ大阪


リフォーマー資格コース

こんにちは。トレーナー村上です。

10月最終週をもって、
ピラティスリフォーマー トレーナー養成講座が修了しました。

最終日はトランジションを組み入れた
メニュー構成で、
「変化を起こすピラティス」をテーマにレッスンメニューを
組んできていただきました。

参加者の方々も色々な思考錯誤の中から、
クライアントに対してベストなオーダーを考え、実践、
そしてビフォーアフターを通して身体の変化を
確認するという工程に挑まれました。

汗(冷や汗?)をかきながらの実践。
マットピラティスでは気づけない方法や変化、
スムーズさ、そしてむずかしさ、

ピラティスの奥深さを再確認することができたのではないかと思います。

マットピラティスでは得られない感覚や、身体の成長を
感じられた資格講座になったのではないかと思います。

o0800053312731984180

次回のトレーナー養成講座の開催は来年を予定しております。

ピラティススタジオ カラーズ大阪


その腰痛は足からきているかもしれません

もうすぐ10月も終わり、11月に入ると冬も本番という雰囲気ですね。

今年は寒さが来るのが遅く、気持ちも少し油断しているので、
急に寒くなると、順応しきれない方が多いのではないかと思います。

寒さや冷えによって引き起こされる症状で多いのは、

・代謝の低下
・内臓の冷え感
・腹痛
・腰痛
・肩こり

など…様々なものがあると思います。

でもなぜ冷えが体幹部の症状としてあらわれやすいのでしょうか。

心臓のポンプ作用によって、人間の身体には血管を通して
血液が隈なく流れています。

毛細血管を通して足先まで流れ着いた血液が、
栄養を排出し、老廃物を受け入れて心臓に戻りますが、

足の筋力が衰えていたり、動きが悪かったりすると、
素早く体幹部に戻れないため、どんどん血液の温度が下がり、

冷えたものが体幹部に戻っていくことになります。

これが冷えの原因となります。

また、通常、体幹部にある血液の温度は38℃前後といわれていますが、
足先や指先など、末端から戻ってきた血液が冷えていれば、
おのずと体幹部の血液の温度も下がってくる状態になります。

こうして悪循環が生まれてくると、どんどん身体が冷えていくことになります。

末端の血液をなるべく温度を下げることなく素早く体幹部にもどせば、
体幹部も冷えにくくなる。

この好循環をつくれば身体の冷えからくる様々な症状を防ぐことにつながります。

それだけ足が筋力があり、自由に動けることが重要になってくるのです。

体幹部の冷えにはまず足から!

足のコンディショニングをしっかり行うことで、
不調の改善の一歩に繋がります。

o0800120012731928009

ピラティススタジオ カラーズ大阪


ペガサスを使用した連動性のトレーニング

身体の一部を動かすことはできても、同時にいろんなところを動かすことが苦手

上肢と下肢がバラバラでつながりがつくれない

動きと呼吸が連動しなくて苦しい

など、同時にたくさんのことを意識しなくてはいけない
ピラティスのようなトレーニングは、

こういった悩みが必ず起こってくると思います。

でも、人間の生活はすべて「コーディネーション」によって営まれています。
いわゆる身体の繋がりをつくること。

足は足だけで動けない、手も手だけでは動けない。
歩く動作だけでも、全ての身体の動きが連動していくから
持久的に動くことができます。

逆に機械は、一部分を動かし続けるので、メンテナンスしたり、
滑りが悪くなったら油をさしたり…
使いすぎている部分はすり減ってくるので部品を交換したり…

人間は部品を交換するわけにはいかない代わりに、
身体の中で力を分配したり、相殺したりして、長く使い続けられるように
設計されています。

そのためには、動きの連動性は必須となってきます。

ペガサスを使用したコーディネーショントレーニング

IMG_1357

安定と動きを身体の中に作りながら、呼吸と連動させていきます。

ペガサスは連動性を意識するトレーニングがたくさんあります。
柔らかい動きの中で集中しながら少しずつ連動性を感じていくことができます。

少しずつ自分の体が自感できるように、そして自律できるように
感覚を少しずつ掴んでいくよう働きかけていきます!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


バランスボールピラティス【ワークショップ】

 

心地よい身体づくりワークショップ

「バランスボールピラティスワークショップ」

o0800053312720937012  o0800053312720937013

バランスボールの効果的な使用方法を学んでいきます。

アンバランスなアイテムであるバランスボールを使用することで、自然にコアの強化に繋がるなど、
よりアクティブなピラティスを実践することができます。

日 時: 2013年11月20日(日)10:30-12:30

受講料 : 8,400円

対 象 : 全ての方(ピラティス経験の有無は問いません)
内 容 :  バランスボールを使用したムーブメント12種類の解説と実践(レジュメ付)

お申込・お問い合わせはスタジオまで!

info@studio-colors.com
TEL 06-4964-0735

ピラティススタジオ カラーズ大阪


背中を柔らかく使うためのマスターストレッチ

バレエとマスターストレッチをコンセプトに
毎回テーマを変えてお伝えしているワークショップ。

今回は「柔らかい背中」をキーワードにした
ワークショップを開催しました。

o0784054112718311254

単純に背中を柔らかくするには、ストレッチしかない?と思いがちですが、
やわらかな背中をつくるには、ちゃんとコツがあります。
たとえば、

☆安定させるところを決める
☆動き出すところを順番に動かす
☆意識する筋肉を知る
☆レジスタンスを意識する

など、やみくもに反ればいい、ではなく、
しっかり考えながら体を使うことで、今よりももっと先へ
身体を導くことができます。

マスターストレッチを使用すると、そのコツがより身体に
ストンと落ちてきます。

その感覚を失わず普段のレッスンに生かすことができれば、
もっと美しい背中が作れるはずです!
参加者の方も終わった後の背中の感覚が変わったことに
驚かれていました。

マスターストレッチで導かれる身体の感覚は独特です。
次回はまたテーマを変えて
来年以降に開催を予定しております!

o0663047012718311253

ピラティススタジオ カラーズ大阪


背骨を動かす重要性

こんにちは。トレーナー村上です。

週末にカラーズトレーナーのトレーニング研修を行いました。
今回は「背骨をいかに意識するか」を話し合いました。

背骨はなかなか意識するのが難しい部分でもあります。

身体の背面側にあるので、視覚での情報が得られない分、

自分の感覚を頼りにするか、
もしくは第三者からの視点で確認することが必要になってくるからです。

health200807yotsu_01

ピラティスでよく使用する「Cカーブ」や「インプリント」という概念も、
どうやって背骨を意識するのかは、指導者によって考え方が違ったりしますが、

やはり大事なのは、動きの偏りをなくし、バランスのとれた動きのできる背骨を
つくること。

背骨のこの部分は柔軟性があるのに、ここの部分は動きがない、
中心が保てず、左や右に傾いて動く などの状態の放置は、

腰痛・肩こり・ヘルニアなどの症状を引き起こすだけではなく、
その回りにある内臓を圧迫したり、

背骨を介して全身をコントロールしている自律神経やリンパ・ホルモン・血流などにも
大きな影響を及ぼします。

ピラティスやボディキーなどを使用して、
背骨を1本の棒のように捉えず、積み木のように捉え、
背骨をアイソレーション(分離)して、一つひとつを動かす意識をすることが、

リキみのない自由な身体を作ることができます。

o0800053612715885442

スタッフトレーニングの中では、背骨の一番下である尾骨から、

ゆっくり動かしていくことの効果を確認、実践しました。

背骨を丁寧に動かす大事さをどんどんお客様にお伝えしていきます。

ピラティススタジオ カラーズ大阪


マタニティケアピラティスワークショップ

『マタニティケアピラティス 』ワークショップのお知らせです。

妊娠・出産を迎える女性の身体には赤ちゃんを迎えるための様々な変化を
体験します。どんなことが体に起こり、どんな対処をすればいいのかを知っていると、
妊娠中から出産時、そして産後のケアにとても役立ちます。

マタニティの運動・栄養・心について
・妊婦の身体と運動・栄養との関係(エクササイズ含む)
・妊婦・赤ちゃんの基礎知識マタニティの身体の基礎を学びます。
・出産に関わる女性のカラダについて(むくみなど)

IMG_1503 DSC_2799

 

日 時:2013年11月8日 13:30-15:30

受講料:8,400円

お申込:info@studio-colors.com  06-4964-0735 までお願いいたします。

ピラティススタジオ カラーズ大阪


マスターストレッチ・Pino Carbone

こんにちは。

週末にマスターストレッチ資格コースが開催されました!

o0800063012711460898

ピラティス・ヨガ・パーソナルトレーナーさんが参加されました。

今回の受講生の方の感想でいちばん多かったのは、

「自分の軸を感じれる」でした。

これは、身体の使い方のバランスが整っていくことで中心を感じやすくなっていきます。
また足底-足首-膝-股間節のつながりが体幹の安定へと導いてくれます。
もちろん全身の柔軟性もかなり向上しますよ。

『今月は、平日開催のリクエストをいただき平日クラス臨時開催いたします』

10月21日(月)・28日(月) 10:15-14:15 合計8時間

 

※マスターストレッチ開発者 BodyCodeSystem代表 Pino Carbone ピノカルボーネの
来日が決まりました。

o0800067312712662072

2014年 1月 27日-31日 一般レッスン・セミナー・など開講します!

詳細は後日お伝えさせていただきます。
ピラティススタジオ カラーズ大阪


筋膜の構造から身体を知る

こんにちは。トレーナー嶋です。

先日アメリカから来日したロルファーの創始者アイダ・ロルフ氏から直接教えを得、
アナトミートレインの著者であるトーマスマイヤース先生のセミナーを3日間東京で受講してきました!

o0800053212709889429

アナトミートレインとは体中に張り巡らされた「筋・筋膜」の網を通して、姿勢や動作の安定が
どのように得られていくのかを解明する理論です。

身体の中の筋肉は単体ではなくすべてがつながりがあり、そのつながりによって
引き起こされる身体への影響などを学んできました。

1日目は筋・筋膜の理論や性質身体でのつながりを学び、2日目、3日目は初日の筋膜の理論を
踏まえ、実際に筋膜をゆるめていくというリリーステクニックを中心に実技を行ってきました。

繊細な指先の感覚や身体の変化を感じる難しさを感じると共に、人の身体の神秘的な部分も
大きく実感することができました。

この3日間で身体はすべてつながりがあり、一部分だけをフォーカスしてその部分のみを
トレーニングするのではなくピラティスと同じように足の先から頭のてっぺんまで全身の意識や、
全身のつながりをつくっていくことがここちよい身体をつくりバランスの整った身体を
つくるということを筋膜の部分からも答え合わせさせてもらえたように思えます。

 

トーマスマイヤース先生も、何事も便利になりすぎている現代の生活の中でだんだんと
動かさなくなっていく身体に起きる「感覚や運動の記憶喪失」を起こさないためにも
動きの中で運動感覚を賢くしていくことがこれからのボディワークに携わる私たちの課題である
と言っていました。

筋膜の観点からもやはり身体のつながりのなかで動きを作ることは重要なことであることが
よりピラティスともつながりました。

まだまだ筋膜の世界も解明しきれていない部分はたくさんあり、これからの発展は私たち
トレーナーにとってもとても楽しみです!

 

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪


▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.