COLORS

BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN 公認スタジオ

大阪スタジオ西宮スタジオ
大阪市中央区安土町3-2-4-4F 電話|06-4964-0735
西宮市北口町19-6-1階 電話|0798-64-2220

Home > コンディショニング

コンディショニング Archive

ピラティスで代謝力を上げると身体の状態は!?

こんにちは。

寒さも本番!1月は一年のなかで最も寒い季節と言われていますね。
「冷え」で悩まれている方が多いのではないかと思います。

「冷え」を改善するには代謝を上げること、というのは世間一般的に常識となり、
ご存知の方も多いと思います。
ではその「代謝」って何ですか?と言われるとはっきりと
説明するのが難しいのではないでしょうか。
o0275018313192053537

「代謝」とは…
食事でとり込んだ栄養素を体内でいろいろな形に変えて利用し、
不要なものを排出するシステムを総称して「代謝」といいます。
要素が複雑に絡み合って起こります。

食べ物から得た栄養素を
①エネルギーに変える
②細胞や組織に変える
③免疫物質に変える

この、3つに代表される代謝活動の中で生まれた余分なものや
身体に有害なものを
④尿や便・汗などによって排出する
この大きく代表される4つのシステムを総称して「代謝活動」と表現されます。

o0620041213192053538

代謝がいい人は、身体が冷えにくいだけではなく、疲れにくい、
若く見える、肌も髪も活き活き、活動的、太りにくいなどの特徴があります。

逆に代謝が悪い人は疲れやすい、元気が出ない、病気になりやすい、
老けて見える、太りやすいなどの症状が現れやすくなります。

健康であり続けることはもちろん、美容面にも大きく関係する代謝力。
しかし、加齢とともに代謝能力は落ちていきます。
落とさないだけでなく、できれば上げていきたい。

その簡単な方法が『身体を温めること』だといわれています。
身体を温める方法として代表的なのは3つ。
*食事
食べることは身体を温めること。身体を温める食材、栄養素を意識して
取り入れる。
o0600040013192053539

*お風呂
入浴は体温を直接上げるのに有効。ぬるめのお湯につかればリラックス効果も。
*運動
身体の中で最も熱を生み出す器官は筋肉。使い忘れているお腹や内腿など筋肉を鍛えて動かすと効果的。

ピラティスは特に身体の内側にある筋肉を動かすことが多いので、
内臓や身体の深部が温まりやすくなったり、
身体の内部を通るリンパなどの体液の流れを促進する作用が期待できます。

o0800058413192055916

冬こそしっかりカラダを動かして、冷え対策だけではない
代謝力の効果を高めていきましょう!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


☆求人情報☆インストラクター募集☆

求人情報☆インストラクター募集☆

2016年9月にオープンした新スタジオのレッスン枠拡大の為、大阪・西宮で
ピラティスインストラクター・トレーナーさん募集いたします!

スタジオカラーズでは、一緒に笑顔いっぱいのスタジオを作っていってくれる方を募集しております。

マンツーマンのパーソナルメンテナンスレッスンを中心に、
ピラティスグループレッスンなどを担当していただきます。

お客様と一緒ににピラティスを通して新たな自分を発見していきましょう!

dsc_2799  img_1488

〔 募集要綱 〕

職種: インストラクター・トレーナー

契約形態: 契約インストラクター(研修期間あり)

勤務時間: シフト制(相談により決定します)

給与:当社基準による(面接を希望する方に直接お話いたします)

☆ マシーンピラティス/マスターストレッチ/ボディキーなど資格優遇取得制度

☆ イタリア・アメリカ・オーストラリアへの海外研修制度有

応募条件:
・ピラティスインストラクターとして働きたいとお考えの方、
(資格の有無・経験は問いません)
・お客様とコミュニケーションをとるのが得意な方・好きな方

応募方法:メールか電話で連絡でご連絡ください。 追って面接のご連絡を差し上げます。

Mail : info@studio-colors.com   Tel:06-4964-0735

ピラティススタジオ カラーズ大阪

http://www.studio-colors.com  大阪市中央区安土町3-2-4-4階


カラーズパーソナルメンテナンスレッスンて何ですか?

こんにちは。
トレーナー村上です。

カラーズパーソナルメンテナンスレッスンはどんな効果があるのですか?
という質問をいただきます。

トレーナーと1対1のパーソナルレッスンでに下記の方にお勧めです!

・ 肩こり・頭痛・腰痛を改善したい
・ しなやかなカラダになりたい
・ 美しい姿勢を手に入れたい
・ 柔軟性がもっと欲しい
・ すらっと真っ直ぐな美脚を手に入れたい
・ 冷えやむくみを解消したい
・ しなやかなカラダとココロを手に入れたい
・ 疲れがたまっている
・ カラダが痛い、違和感がある
・ いきなりカラダを動かす自信がない
・ 早起きができない

何をするのか?

1、呼吸を意識して姿勢改善・骨格・骨盤調整を行いカラダの筋肉、

  関節を1つ1つバランスを整えることにより、血流やリンパの流れを良くしニュートラル
(自然な姿)に戻し、
代謝の良いフレッシュな状態へと導きます。
オステオパシー・整体・マッサージ・ストレッチポールなどの要素を取り入れています。

2、ピラティス
 コア(腹部のインナーマッスル群)を鍛え、身体の中心を意識して動くことによって、
  無駄なリキミから開放され、機能的でしなやかな身体を手に入れられます。
自分のココロとカラダのバランスを感じとる力をつけることで, 五感が研ぎ澄まされ、
体調の変化や怪我のリスクに敏感に 対応できるようになるでしょう。

3、体調や姿勢に合わせて下記の

  カラダメンテナンンスツールを使います。

  【ピラティスマシーン/マスターストレッチ / ボディキー /ペガサス/姿勢改善システムARPD】

Reformer リフォーマー
IMG_1488


Pegasus ペガサス 
IMG_1364

SpineCorrector スパインコレクター
DSC_5049

Chair チェア
o4032302413736784212

BodyKey ボディキー
IMG_1343


MasterStretch マスターストレッチ
DSC_3024 (2)
姿勢改善システム ARPD  
DSC_2893


このような方にもお勧めしています。

20代の頃の様に何事もこなせなくなってきたというお声をよくいただきますが身体の衰えは加齢の
影響が大きく
何もしなければどんどん筋肉や平衡感覚は低下していきます。

その影響で体調が悪くなったり、体型が乱れたりなどいろいろと問題を引き起こします。

これを改善するには 定期的な運動を習慣化!

することが大切です。 

 

習慣化することで規則正しい生活がしやすくなり、一定期間つづけることによって身体と気持ちは

再生していきます。

ハードすぎるトレーニングはなかなか続けることができないですが、

ツールを使うことで無理なく効果的にできるので続けやすいです。

そして、カラダとココロが再生することで仕事や生活がスムーズに進めやすくなります。

人生を楽しむ土台である健康とコンディションを保てることで生活の質がたかまります!

60分のメンテナンスでカラダとココロを再生パワーアップしていきましょう!

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪


「MINIS™」で自身の足の踏み方を考える

こんにちは。トレーナー岸本です。

皆さんは足を正しく使えていますか?

O脚やX脚、左右差、太さなど、元々悩みを持った方もいらっしゃいますが、

「立つ」「歩く」という行動は、ある程度正しくなくても無意識で行うことができるため、
気付いた時には既に歪んでいたり、筋力バランスが失われていることも。

足の使い方は姿勢に大きな影響があるため、悪い足の使い方は様々な部分に悪影響を与えます。
例えば腰痛や肩こりなども、実は足の使いかたが原因になっている場合があります。

足の使い方を正しい方向へ導いてくれる 「MINIS™」は、

minis-testimonials-1200x600 yuu-feet-wedges

特殊素材で作られたフィット感のある柔らかさが足のバランスを整えながら、
正しいバランスを取るための”センターチャンネル”に収まるように設計されているため、
上に乗ってムーブメントを行うことで足に備わっている機能を正しい方向へ導くことができます。

踵のポジションの修正にもたいへん役立ちます。

マッサージ効果やストレッチ効果も高く、足の固有受容感覚も刺激してくれます。

コントロール力はバランス感覚の向上も期待できます。

小さいアイテムですが、効果は絶大です!

ニューヨークシティバレエ団のMarika Molnar 氏が開発した「Parasetter®」
パラセッターの姉妹メソッドです。


ピラティススタジオ カラーズ大阪


ピラティスを継続することで得られる変化

こんにちは。トレーナー松下です。

寒暖差が激しく、体調を崩されている方が多いですね。
急に熱が出て…など身体の不調に気づかず、一気にダウンしてしまったという方も多いのではないでしょうか?
ピラティスの創設者、ジョセフ・ピラティス氏には数々の逸話があり、その中の一つに、
インフルエンザが世界中で大流行した時代にジョセフ氏のピラティスを受けていた方は、インフルエンザに感染しなかったという話があります。

なぜピラティスを行っていると強い身体でいられるのでしょうか?


o1280084713778291517


ピラティスを継続的に行っていると様々な変化が起こります。
○呼吸をコントロールできるようになる
→自律神経のバランスを整えることができるようになっていく
○深層部の筋肉を強化できる
→疲れにくく、しなやかで強い身体になっていく
○骨盤を正しいポジションに戻し、背骨を自由に動かせるようになる
→姿勢改善や肩こり、腰痛の解消になっていく
○身体に向き合う時間が作れる
→集中して自身の身体に意識が向ける時間を作ることで、周りの状況に左右されにくい整った心と身体になっていく

などなど
10回で違いを感じ、
20回で見た目が変わり、
30回で心と身体が生まれ変わる

とピラティス氏は話しています。
継続的にピラティスを行っていくことで、身体の変化を楽しみましょう!

そして今の時期にも負けない身体づくりを行いましょう。

o0800060013538915277

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪


「 姿勢分析 」と「動的評価」を学ぶ

こんにちは。トレーナー木原です。

「姿勢分析と動的評価を学ぶセミナー」を開催致しました。

IMG_8370

なぜ分析・評価が必要なのか? クライアントの求める目的に沿い結果を出すため。
そのためにも何が身体に起こっているのか姿勢分析と動作の評価をする中で情報をつなぎ合わせていき、
どこがどうなっているのかを紐解き、より効果的なムーブメントを行う方法を実践を踏まえながら解説。

動作の上で大きく関わる「神経」「筋」「骨格」をベースに神経が動作の中でどの筋肉を優位に使うか?
どんな筋の形状をしているのか?弾力性はあるのか?どんな形状をしているのか?
骨格を形成している骨は最適な位置で安定しているのか?ずれることで周りの組織にどんな影響を
及ぼしているのか?
各々の身体の状態を実際に評価しながら修正法を学んでいきました。

姿勢を評価する際は土台となる足から評価を行いました。
・足(フット)の形状

・下肢・骨盤周りのアライメント

・肩甲骨・股関節の可動域

・背骨の屈曲・伸展・回旋

・立位での安定性

そこから神経系・筋系・骨格系を評価し原因を探して行き、ピラティスムーブメントをベースに修正を行いました。
過去の運動経験や現在の生活習慣が身体に大きく影響し、身体の姿勢や動作の癖として現れます。
その癖を単にリリースで解消しようとすると時間が経つと元の癖に戻りやすくなりますが、
ピラティスはムーブメント(動き)で 修正するため新たな使い方の癖を体に覚えさせることができます。

癖は無意識の中で作られたもののため、意識的に動かすことは始めは難しいですが解剖学に
基づいて作られているピラティスの ムーブメントはポジションや順番などを工夫することで、
意識を芽生えさせることができます。

みなさんの身体もどんどん変化を体感していただきました!

IMG_8369

見る力と治す方法を同時に学び、4時間では収まりきらない程の中身が詰まったセミナーでした。
ピラティスの持つ可能性も更に感じていただけたのではないでしょうか?

次回は10月に身体の内側から学ぶセミナーを開催予定です!

詳細は近日発表となりますので、お楽しみに!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


イタリアの姿勢改善メソッド「ARPD」をプライベートレッスンで。

こんにちは。
トレーナー稲森です。

イタリア生まれの「ARPD」
ARPDとは・・・ イタリアの姿勢改善メゾット(Auto Postual Dinamic Rieducation)です。
Auto=自動・自己 Postual=姿勢 Dinamic=ダイナミック Rieducation=再教育

つまり、動きの中で姿勢の再教育をしていくことがこのARPDの大きな目的です。

上に乗ってゴロゴロするのではなく、背骨を中心にアライメントを整えていく
ムーブメントを行っていきます。
o0220019112875015039

姿勢を崩している原因となっている背中・骨盤周りの筋肉を緩めて、
全身のアンバランスの修正をしていきます。

ARPDは背中がスッキリするだけでなく血流改善やなめらかな関節の動きで筋肉の
心地よさだけでなく視界もスッキリクリアになります。


またゆっくりと呼吸にあわせて動くためリラックスしながらポジションの修正を
していくことで自分の癖が取れた状態になり、
その状態でピラティスで身体を動かしていくと、背骨や関節がスムーズに動き
コアへの意識がしやすくなったり正しいポジションでムーブメントを 行いやすくなります。

12717962_965232980178554_3784564160646093434_n

イタリアではどんどん広がっているメソッドなので、

スタジオでもどんどん体感していただきます!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


食習慣の改善×ピラティスで健康に!

こんにちは。トレーナー針間です。

少しずつ蒸し暑さがでてきましたね。。
梅雨の時期も近づいてきて、どうしても身体に水分が溜まりやすい季節です。
その身体の中を流れている様々な水分のなかで、

血液は、健康のバロメーターといわれています。
血液検査の結果から、身体の症状がわかることからもわかるように、
身体のいまおかれている状況は、血液にはすぐにあらわれます。

<血液の代表的な役割>
・活動に必要な栄養素を酸素を全身の細胞へ運ぶ
・代謝によってできた老廃物や二酸化炭素を肝臓や腎臓などへ運ぶ
・白血球などによる免疫機能をつかって殺菌や、ウィルスから身体を守る

そんな大事な役割を果たしている血液。血液は食事の影響も大きく関係してきますが、
なんとなく不調、という場合はもしかすると「血液力」が低下しているからかもしれません。
たとえば体調不良と血液、そして食生活の関係でわかりやすいのは貧血。

鉄分の摂取が不足すると、酸素を運ぶヘモグロビンの量が低下し、貧血状態を招きます。
また食事による脂質の取り過ぎは血液の流れを悪くして冷えにつながるほか、
血管の劣化を早めて動脈硬化を促進します。
この他にも、生活習慣から血液の状態が招く体調不良や病気があります。

現在の血液状態が悪くても血液は日々の生活で変わり、
血液の一部は尿や汗として排出され、また食事で取り込んだ栄養素から新たな血液が作られます。

食生活を見直して血液力アップをして全身の健康を育むことが不調の改善につながります!
そして食生活を改善し、健康的な血液を取り戻したら、

それを全身に流さないと意味がありません。

o0800053312992070997

ピラティスは、強すぎない適度な負荷で、筋肉に外側から刺激を与えるのはもちろん、
呼吸を意識することで、内臓へも働きかけることができるため、血流の促進に大きな刺激を期待できます。

 生活習慣の改善と同時に、ピラティスを通して健康な血液をしっかり全身に流して、
ここちよい身体づくりを目指していきたいですね。

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪


最新ツール「バンジートーン」セミナー

こんにちは。トレーナー岸本です。

マスターストレッチに装着する最新ツール「バンジートーン」

靴に巻き付けていることで、足底のアーチの引き上げがわかりやすくマスターストレッチの効果が更に向上します。
上半身と下半身のつながりをより意識しなければ連動して動くことができずコーディネーションのトレーニングにも最適です。

Exif_JPEG_PICTURE

バンジートーン

バンジートーンを常に引き合った状態で動くため体幹部の安定がつくりやすくなり、

特に手で引き合って動くことで背中への意識が向けやすくなります。

また足だけのコントロールではなく全身のコーディネーションが必要なため歩行時の感覚が大きく変わります。


『 バンジートーン』セミナー

日    時:

NEW     2016年11月7日(月) 14:30-16:30    お申込み:info@studio-colors.com  06-4964-0735


① 6月18日(土) 14:30-16:30  (満員)


② 7月30日(土) 14:30-16:30  (満員)

③8月19日(金) 14:30-16:30 

受講料:29,160円(テキスト・バンジートーン1セット含む) 

バンジートーンを使ったスタンディングムーブメント・フロアワークをテキストにそって進めていきます。

IMG_6717

IMG_6656

 

足底のアーチが引き上がることでの身体の安定感、

全身がつながり体幹が強化されることでの無駄な力みからの開放感を

感じてみてください!

購入希望 → info@studio-colors.com までお願いいたします。
プロアーチ(18,000円+税)
マスターストレッチ(20,000円資格取得者・ 26,500円+税 一般)

 

ピラティススタジオ カラーズ大阪

 


体力づくりとよい睡眠

こんにちは。
トレーナー岸本です。

雨が続いたりとすっきりしないジメジメ暑い日が続いていますね。
夏になると・・・ 「すぐに疲れてしまう」「夏は体力がもたない」
なんてお悩みの方も多いようですが、疲れの原因は体力のだけの問題ではなく 睡眠不足の可能性も考えられます。

・なかなか寝付けない ・眠りが浅い ・何度も目が覚める

こんな方は朝の目覚めからスッキリしていないのではないでしょうか?
前日の疲れが残ったまま、今日のスタートでは気力も体力もないと感じてしまいます。
疲れやすいからと言って体力をつけようと激しい運動を行うよりも、
寝る前に身体をゆるめて自律神経を整えましょう。

o0541032413033296345

一日仕事で疲れている上に激しい運動をすると・・・ 自律神経の交感神経は上がりっぱなしです。

身体には、疲労感があるのに「目が冴えて、眠くならない」なんていうことはありませんか?
良い睡眠を誘うにはちょっとした準備が必要です。

マットの上でなくても、お家の畳やカーペットの上で少し身体をゆるめてあげてください。
呼吸をゆっくり行うことも偏った自律神経のバランスを整えるのに有効ですが、
背骨や骨盤を動かし身体を緩めながら優位になっている交感神経のバランスを整えましょう。

o0800060013003765106

背骨は自律神経の通り道になっており、頸椎や仙骨からは副交感神経、
脊柱からは交感神経の指令がでているので、
プレピラティスの ゆっくり頸椎の動きを作る「Nod a Head」
仙骨周りの筋肉を緩める「Pelvic Articulation」がとってもオススメです。

ミニボールを使って行うと力を入れすぎずに小さな動きをうまく作れるようになります。

とってもシンプルな動きですが呼吸に合わせてゆっくり行うとだんだん気持ちよさが 生まれ、
身体が緩みをつくりリラックスしている状態での副交感神経が少しずつ目覚め、
優位になりがちな交感神経とのバランスが取れるようになり身体がリラックスした状態で
睡眠へはいって入っていきやすくなります。

身体は使いっぱなしにせずに、メンテナンスもして労わりながら これからの暑い季節を乗り切っていきましょう!

ピラティススタジオ カラーズ大阪


▲ページトップ

COPYRIGHT 2010 STUDIO COLORS,AII RIGHT RESERVED.